参加リポート/現場から

見せるよりも、やらせる

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

豊川敏洋 38歳  マツダ車両実研部実車信頼性実研グループ  〔第519回/2019年6月会期参加〕  NO.1601

 自動車開発の総合耐久テストを担うグループに所属し、その中で車種開発の推進チームのリーダーを務めています。
 チームには2名の若手がいますが、彼らだけで業務をすすめていくのは難しいだろうと思っていました。そのため、私ともう1人のベテランが主になって業務を回し、彼らには作業状況を見せて、仕事を覚えてもらうようにしていました。
 私たちが頼んだ作業は正確に素早く実行してくれる若手2人ですが、それ以上のことを自らすすんでやろうとはしません。一方、私たちベテランは自分でやるほうが楽だし、仕事をしているという満足感もあります。
 そんな時に参加した組革研で、一番印象的だった「ロボット症」の話し。気づかされたのは、自分たちが育てていたのは部下ではなくて、彼らの「やらずに済ませる気」だったというとんでもない事実です。
 それからは、若手が担当する課題は彼らの能力よりも高めのものにし、目的と求めるアウトプットだけを伝え、仕事のやりかたは教えず、あとは任せると宣言しました。
 初めのうちは、関連部門への電話やメールも躊躇し、簡単な交渉ごとですら、私たちを頼ろうとします。それがあなたの仕事だと突きかえすと、しぶしぶと動きはじめます。納期から逆算して仕事をすすめることはできず、放っておけばいつまでもそのまま。私たちも我慢を強いられます。
 一か月がたち、徐々に自分から業務をすすめるようになりました。「自分の仕事で車が少しずつ良くなっていることを実感できてきました」と、仕事の達成感も感じはじめているようです。しかしまだ、本当に一歩踏み出しただけ。彼らのために、「やらせる」ことを貫いていきます。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.10.24        

    仕事のプロセスを見直し、もっと「対象」に近づく...

  • 2019.10.23        

    部下が1人の人間として成長していけるように...

  • 2019.10.21        

    強烈だった体験を職場で活かしていく...

  • 2019.10.18        

    思い込みを捨てて、まずはやってみる...

  • 2019.10.17        

    苦労のその先を求めて

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間