参加リポート/現場から

「いつどこでどんな条件で」

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

松下友樹  リコー コンポーネント事業センター インク事業推進室 推進2グループ  〔第509回/2018年2月会期参加〕  NO.1565

  開発を担当する私にとって、 「対象」が最も大事だと組革研でわかりました。 同時に、自分が決めつけや思い込んでしまうことも。 「自分が神様になっていないか」と問われて、ハッとした衝撃が今も記憶に残っています。
  その後、取り組むテーマが変わり、よりお客様にちかい開発業務をすすめることになりました。 他部署からの要求も増え、以前にもましてタイトなスケジュールになっています。 言われた当日を納期に指定され、即、結果を出さなければいけないことも少なくありません。
  これまで以上に速く対応するためには、議論も早々に終わらせなければいけません。 ところがしばらくすると、どうにかこうにか出した結果への手戻りが増えてきてしまったのです。
  正しく議論がされていないことが原因でした。評価環境や条件が異なっているのに、それに目を向けずに対策に走っていたから。 再び、思い込みや決めつけですすめてしまっていたのです。
  さっそく、評価した時の温度などの環境や条件を書き出すようにして、状況を整理し直しました。 問題が起きた時には、 「何が原因か」と考えないようにして、 「いつどこでどんな条件で」と事実を明らかにすることだけを意識してすすめるようにしました。
  しばらくすると変化を感じました。 議論を交わしている時のお互いの視点や基準に統一感が出てきたのです。 それをくり返していくうちに、次第に手戻りの数も少なくなってきています。
  しかし、誰しも決めつけようと考えているわけではありません。 それでもやってしまう体質から脱け出すためには、ひたすら 「対象」を意識し、素早く事実を整理して考察の時間を増やせるようにならなければと思っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.05.29        

    「もっと」をどん欲に

  • 2020.05.26        

    自分を変えるため、自分の動きをどんどん変えていく...

  • 2020.05.22        

    見て見ぬふりをする自分に気づく...

  • 2020.05.19        

    同じにやっても結果は真逆

  • 2020.05.15        

    「個全システム」に初めての部下たちの姿を見る
    ――自分事として向き合う職...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間