参加リポート/現場から

変えていくことを求め続けることが私の使命

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

清水川 立  マツダ カスタマーサービス能力開発部 部長  〔第510回/2018年4月会期参加〕  NO.1560

1560shimizugawaHP.jpg  1年まえ、 「やる気」の源泉は 「状況」と 「リーダー」と組革研でうかがい職場をふり返った時、メンバーが自ら状況を見て動き始め、困難な課題に立ち向かいながら成長している姿がすぐに思い出されました。 しかし、もう一つの源泉であるリーダーの有り様によってメンバーが変化したと思える場面が、まだまだ足りないと思えました。
  職場に戻った私がメンバーに宣言したのは、 「余計な指示や口出しをしない」ことでした。 もちろん私だけでなく、マネージャーやリーダーたちにも指示を止めさせなくてはいけない。 その上で私はさらに、メンバーに「やりきらせる」ことを彼らに強く求めました。
  少しずつ、この思いを理解して動き出すリーダーが現われてきました。 これまで自分でしかやっていなかった課題や自らやったほうが早いと思われる業務も、敢えてメンバーに任せるようになってきたのです。
  これまで以上に問題に直面するようになり、より一層メンバーはもがき苦しみました。 しかし助けが得られずやらざるを得ない中、何とか自力でやりきった後の表情は、自信に満ちて輝いています。
  しかし、現状はまだ一部でしかない。 大きなプロジェクトになると、失敗しないことを最優先にしてしまい、細かな指示や口出しが増えてしまうリーダーもいます。 それをメンバー側も感じるのか、以前の指示を待つ 「ロボット症」の姿に戻ってしまっていると感じることもあります。
  メンバーに全力投球させるマネジメントを職場の風土として根付かせるためには、彼らには力があるとリーダー全員が信じてやりきらせること。 そのためにはリーダーを楽なほうに流してはいけません。 どんな課題を抱えていても変えていくことを求め続けることが私の使命だと改めて感じています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.07.10        

    やっと少し変わってきた
    ――今度こそやり抜く(後編)...

  • 2020.07.07        

    自分の弱さと職場で向き合う
    ――今度こそやり抜く(前編)...

  • 2020.07.04        

    満足して終わる日はなくなった...

  • 2020.06.30        

    トライ&エラーをくり返していく...

  • 2020.06.26        

    危機感の無さと闘っていく

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間