参加リポート/現場から

新人だからとただ甘えていただけ

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

太田祐輔  横浜ゴム タイヤ第一設計部 設計1グループ  〔第517回/2019年2月会期参加〕  NO.1556

  新入社員の私には設計用語やCAD操作はわからないことばかりでした。 それでも上司や先輩にすぐ教えを請わず、自分で調べていました。 しかし予定外の業務が次つぎ舞い込み、スケジュールは圧迫されていきました。 一方、わからないことを調べてもすぐ解決できず、また解決できても結果に見合う以上の時間を要し、自分が設定した納期に遅れが生じ始めました。
  その状況の中で参加した組革研で、職場と同じことが起こりました。
  2日目、現場調査に行くまえにしっかり仮説を立ててからと私は考えました。 ところがいざ現場で調べてみると、私の仮説は何一つ発見に繋がりませんでした。 あれほど時間に追われた焦りを感じたのは初めてでした。
  しかし職場での焦りはそこまでではありませんでした。 なぜかとふり返って違いに思い至りました。 職場では自分の問題として受け止めていなかったのです。 のべつ幕なし調べて遅れが生じても、なお調べることに固執していた私は、新人だから時間がかかるのだと、ただ甘えていただけでした。
  職場に戻ってから、全てを調べることは止め、聞くべきと判断したら迷わず尋ねています。 パソコン操作の疑問や業務のやりかたに時間を割いて調べても、却って仕事を遅らせ、周囲に迷惑をかけると思ったからです。
  タスク量は組革研以降かなり増えましたが、納期遅れすることなくすすめられています。 (まだまだ先輩がたに比べれば少ないですが……。) また、これまで調べることに使っていた時間は、設計資料を読む時間に充てることができ、自分の考え・ツールを増やすことができています。 まだまだ浅いとは思いますが、考えを持ち質問するようになってから、より身に付くと気づいただけでなく、これまで耳にすることがなかった一段上のレベルの話しを聞くこともできていると実感しています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.07.10        

    やっと少し変わってきた
    ――今度こそやり抜く(後編)...

  • 2020.07.07        

    自分の弱さと職場で向き合う
    ――今度こそやり抜く(前編)...

  • 2020.07.04        

    満足して終わる日はなくなった...

  • 2020.06.30        

    トライ&エラーをくり返していく...

  • 2020.06.26        

    危機感の無さと闘っていく

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間