参加リポート/現場から

抑えつけてきた本来の力が発揮され始めた

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

山野真一  マツダE&T 業務革新部 主幹  〔第517回/2019年2月会期「リーダー参加」〕  NO.1539

  組革研 「リーダー参加」で自らの体質が浮き彫りになりました。 メンバーが書いた紙を、自身で貼り出させずに私が集めていく姿を見て 「御用聞きのよう」と評されました。 チームの緊張感も高まりません。
  その後、なかなか変われない私に 「普段と逆のことをやってみたら」という助言をいただきました。 それは、 「世話をやかない、メンバー自身にやらせる、そして妥協せずにやりきらせる」の3つです。
  チームの活動資金が無くなった頃から彼らの動きが変わってきました。 調査や議論する姿が前のめりになり、挑戦的になってきたと感じたのです。
  ところが、資金不足は彼らの足かせにもなりました。 仕組みに迫るためには必要な資料を揃えなければとわかっていても、これ以上コストをかけられないと購入に二の足を踏んでしまったのです。 そんな彼らを見て初めて、 「妥協するな!」と自分の思いをぶつけることができました。
  職場に戻った私はすぐ、 「個全システム」を活用しました。 問題を深く掘り下げ、今後の課題の明確化をテーマに始めてみると、メンバーの思いや溜まっていたものがどんどん出てきました。 議論は白熱し時間が足らなくなり、その後3回にも及びました。 その都度、こんなに深く考えていたのかと驚き、同時に、その思いを気づけなかった自分を恥じました。
  決まった後は絶対口出ししないと改めて心に誓いました。 もともとベテランぞろい、私が抑えつけてきた本来の力が発揮され始めました。 とはいえ、他の部署のために存在する我われの課題は我われ自身で見出していかねばなりません。 彼らは今も悩みながらすすめています。
  自分事として取り組みはじめた彼らの様子を見て、リーダーの有り様でメンバーの力が変わることを実感しています。(終)

  昨日と本日の2日間、マツダE&T・山野真一さん取組みをご紹介しました。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.07.14        

    自分と部下の人生を台無しにするところだった...

  • 2020.07.10        

    やっと少し変わってきた
    ――今度こそやり抜く(後編)...

  • 2020.07.07        

    自分の弱さと職場で向き合う
    ――今度こそやり抜く(前編)...

  • 2020.07.04        

    満足して終わる日はなくなった...

  • 2020.06.30        

    トライ&エラーをくり返していく...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間