参加リポート/現場から

全力投球を自分に課した

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

邱 継峰  三井E&Sエンジニアリング エンジニアリング部 課長補佐  〔第514回/2018年9月会期参加〕  NO.1440

1440kyuuHP.jpg  手抜き体質が完全に暴かれました。 調査項目を自分勝手に選別し、しかも限られた範囲しか調べずに済まそうとしたのです。 下期にゴールできず、チームの業績にも貢献できませんでした。
  職場で私は、化学プラント設計の業務の中で3Dモデルの構築を担当しています。
  過去に私はデータ入力後の確認作業を省略してしまったことがありました。 忙しかったからがその理由でした。 入力が違えば図面の不具合にも繋がってしまいます。 それでも 「しょうがない、次は気をつけよう」で済ませていました。 自分の手抜きには気づきもしていなかったのです。
  この体質から脱け出すと決意しました。 そして自分に課したのは、できる範囲でやっていたことを止め、全力投球することでした。
  まず、これまでどうすすめてきたかから見直しました。 その上で仕事の工程のチェックリストを作り、それに沿って作業手順をきちんと踏まないと先にすすまないと決めました。
  ある問題に気づきました。 配管の継手であるフランジの入力では、これまでサイズごとの標準の厚みを入力してきましたが、いくつかのボルトの長さが合わないと、たびたび現場から報告されていたことです。
  私はボルトの長さという 「対象」はどうなっているのかを調べ、一つひとつ厚みと長さを書き留めていきました。 すると、標準数値とは異なる厚みがあるフランジがいくつかあることがわかりました。
  設計段階で実際の厚みの数値を入力しておけば正しいボルトの長さも計算でき、予め購入できます。 これによって、これまで後工程が無駄にかけていた時間やコストを削減でき、さらにそれによる不具合も防げました。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.10.27        

    「まだまだ減らせるぞ」

  • 2020.10.23        

    指示出し魔に戻っていた

  • 2020.10.20        

    「苦手」が「興味」に

  • 2020.10.16        

    お客様にとってどうかを「評価基準」に...

  • 2020.10.13        

    残業0でどうやるか

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間