参加リポート/現場から

個々別々の状態がチームの取組みに変わってきた

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

君塚秀明  昭和飛行機工業 設計技術部 課長代理  〔第510回/2018年4月会期参加〕  NO.1352

1352kimidukaHP.jpg  タンクローリーやトレーラーなどの特装車両を設計しています。 今まで週一度グループミーティングを開いてメンバーの進捗状況を確かめていましたが、なかなか掴めていませんでした。 漠然とわかっているのは各自が抱えるオーダー数が多いこと、そして残業が多いことでした。
  その悩みを抱えながら参加した組革研では、次の課題に取り組むまえに、やるべき目標数とやりとげる時間を一人ひとりが書き出して宣言しました。 「個で宣言する」のは初めて。 これが変えるきっかけになりました。
  職場に戻るとさっそく、朝グループ全員を集めて各自に紙を渡し、 「今日やるべきこと」 「いつまでに終わらせるか」を書き出させました。 そしてそれらを 「一覧一望」しました。
  17時、 「一覧一望」した紙の前に再度全員を集めました。 今朝立てた目標が達成したかを各自が報告します。 終わっていないメンバーはすぐに明らかになります。 残業が多い人はどうやっているのか? 当然、他のメンバーは気になり、お互いに質問し合ったり効率的なすすめかたをアドバイスしたりが、自然と始まりました。
  職場での横どうしの会話が頻繁になってきました。 今まで一人で黙々とすすめていた時に比べて、仕事の中身についても目標を達成することについての意識がグループ全体に高まってきています。 残業を減らし納期を遅らせない仕組みに繋がってきたと感じています。
  さらに研究開発や改善項目、年休の取得についても月初めに紙に書き、月末に実行できたかを明らかにさせました。 少しずつ、仕事にメリハリがつくようになりました。 個々で別々にすすめていた状態が、チームとしての取組みに変わってきていると感じています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.07.04        

    なんとかして打開策をみつけなければ...

  • 2019.07.03        

    わからないことを自分の力で明らかにしていく...

  • 2019.07.02        

    自ら現場へ足を運ぶようになってきた...

  • 2019.07.01        

    どうしたら彼らがもっと力を発揮できるのか...

  • 2019.06.28        

    「一覧一望」を習慣づけるようにしている...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間