参加リポート/現場から

「対象」の大切さを痛感するのはいつも終わってから

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

荻島 肇  日本貨物鉄道 経営統括本部 財務部  〔第506回/2017年9月会期参加〕  NO.1349

  上期「S-20」でチームは赤字、手元には最初に渡された資本金がわずしか残りません。 それもすぐに無くなりました。 これからどういう事態になるのか、食事はちゃんと摂れるのか、不安が過りました。 課題はその後も続き、下期で結果を出すことを条件に、借金をして調査をすすめました。
  業績が悪かったのは 「対象」をわからないまま対応を考えてしまうからです。 何度もそれをリーダーに指摘されました。
  しかし、何度も現場調査をくり返していくうちに、 「対象」の仕組みがだんだんわかってきたのです。 自信を持って臨んだ下期、チーム業績を黒字に回復することができました。
  職場に戻ってからも時折り、間違えてしまうことがあります。 その理由が自分の決めつけや推測が原因だったとわかると、改めて 「対象」を意識せずにすすめてしまったことに気づかされます。
  最近、仕事の途中で気になり、一度立ち止まることが増えました。 気になると調べたくなり、時間もかかります。 それでも調べた後で新たな側面に気づけた時には、こだわって良かったとつくづく思います。 少しずつ、視野が拡がってきているようにも感じています。
  ただ、 「対象」の大切さを痛感するのはいつも終わってから。 とくに失敗してからです。 掴めたと満足できたことはありません。 自分がよく見たつもりでも、終わってみると、もっと深いところに本当の姿があったのではないかと、自分の見る力の無さを感じています。仮に失敗していなくても、もっとよく見ておけば良かった、さらに深く調べていればもっと違った結果を出せたのではないかと思うことだらけです。
  「対象」は大切ですが、近づくのはとても難しい。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.07.04        

    なんとかして打開策をみつけなければ...

  • 2019.07.03        

    わからないことを自分の力で明らかにしていく...

  • 2019.07.02        

    自ら現場へ足を運ぶようになってきた...

  • 2019.07.01        

    どうしたら彼らがもっと力を発揮できるのか...

  • 2019.06.28        

    「一覧一望」を習慣づけるようにしている...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間