参加リポート/現場から

face to faceですすめるようになった

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

生野 弘  リコー 機能材料開発センター PM室 シニアスペシャリスト 〔第510回/2018年4月会期参加〕  NO.1348

1348ikunoHP.jpg  組革研2日目、私が現場調査でわかったこま図の仕組みと他のメンバーの主張が食い違いました。 すでに深夜。 議論は決着がつきません。
  翌日、改めての現場調査です。 内心では自分の発見に自信を持っていました。 ところが結果は相手の言うとおり。 その日の調査は、逆に相手の主張を裏付けることになったのです。 素直に相手に負けたと伝えました。
  事実は一つ、事実を超える真実はないと気づかされました。
  職場で私は、新たな担当業務で悩んでいました。 業務フローはできておらず、決定事項も記録に残っていない。 そのため、関連部署とは言った言わないの諍いがしょっちゅうで、関係は険悪でした。 その上、業務が特定のメンバーに集中し、彼らの疲労は増していました。
  それまでとりあえず今までのやりかたですすめてきた私でしたが、今回の組革研をきっかけにして、変える決意が固まりました。
  職場に戻り、これまで関連部署との間でどんな問題が起こってきたか、それぞれの状況を徹底的に調べさせました。 そして、それらを推測で結論づけずに事実をもとに整理し、問題を明らかにしていきました。
  それに伴うようにして、周囲が少しずつ変わってきました。 それまでメールだけで済ませていたやり取りが、face to faceですすめるようになったのです。 重要な打合せに関連部署の室長が同席するようにもなりました。
  関連部署から出される業務フローもわかりやすくなり、仕事がすすめやすくなりました。 それは各自の負担減にも繋がることになり、部下たちも以前よりも力が発揮できるようになっています。
  関連部署との関係は良くなりましたが、もっと踏み込んで強い信頼関係を築かなければいけません。 さらに強いチームを目指したいと思っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.07.04        

    なんとかして打開策をみつけなければ...

  • 2019.07.03        

    わからないことを自分の力で明らかにしていく...

  • 2019.07.02        

    自ら現場へ足を運ぶようになってきた...

  • 2019.07.01        

    どうしたら彼らがもっと力を発揮できるのか...

  • 2019.06.28        

    「一覧一望」を習慣づけるようにしている...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間