参加リポート/現場から

最も必要なのはもっとよく見ること

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

勝又隆博  横浜ゴム タイヤ第一設計部  〔第509回/2018年2月会期参加〕  NO.1327

1327katsumataHP.png  入社1年目で組革研に参加して、困ったことから逃げてしまう自分の体質に気づきました。
  自分を逃がさないため毎日の仕事で自分を追い込んでいこう、これが職場に戻ってから一歩目として踏み出してみようと私が考えたことです。 具体的には、毎日の業務ごとに納期を自分で設定し、時間内に終わらせることに挑戦することです。
  組革研前は、上司や先輩から提示された納期に間に合わず、フォローしていただくことが何度もありました。 自分自身で期限を設けて、間に合わせようと自分で考えて動いていくことが自分を逃がさないことに繋がり、さらに仕事の範囲も広がっていくと考えたのです。
  時短を意識するようになってから、作業は早くなりました。 ところが、ミスが起こるようになってしまったのです。 全体を通してみると逆に時間がかかるようになってしまいました。
  また、自分の思いどおりにならないことがよくあります。 新たな仕事をいただいたり、事前に決めたスケジュールの途中で調整が入ったりということです。 仕事は自分だけでやっているのではないと痛感させられますが、うまく対応できず、この数か月間、空回りばかりしています。
  時短は大事だけど質が伴わなければ意味はないと実感しました。
  新たに見つかった質をどう上げるかという課題に悩んでいますが、その時に最も必要なのは、 「対象」をもっとよく見ることではないかと考えるようになりました。 まだ知らないことだらけの私にとって、自分が取り組んでいる仕事だけではなく、周りの先輩がたが何をしているかを見て、そこから自分の技術として何が得られるのかをもっと考えていきたいと思っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.07.04        

    なんとかして打開策をみつけなければ...

  • 2019.07.03        

    わからないことを自分の力で明らかにしていく...

  • 2019.07.02        

    自ら現場へ足を運ぶようになってきた...

  • 2019.07.01        

    どうしたら彼らがもっと力を発揮できるのか...

  • 2019.06.28        

    「一覧一望」を習慣づけるようにしている...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間