参加リポート/現場から

活発なチームと言える状態に近づきつつある

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

黒田一平  マツダ 衝突性能開発部  〔第508回/2017年11月会期参加〕  NO.1324

1324kurodaHP.jpg  「三逆リーダー」の話しを聞いて、私が自分第一で考え、すすめてきたことに気づきました。 自分は部下を指導できる、自分の歩んできた道をすすめば彼らは成長できる。 それらの全てが自分満足から発していたことに気づかされた組革研でした。
  リーダーとしての私の役割は部下たちを自立させること、そう気づいてから私自身のやるべきことが見えてきました。
  指示や手出しを止めてから一番変わったことは、メンバーが自ら動くようになったことです。 自分で動かなければ何も始まらないし、自分が何も得られないと実感したのだと思います。
  なぜ今この仕事をしているのか、どういうすすめかたをすれば最もよいのかを、一人ひとりが始終考えるようになったように思えます。
  以前は、多少視点がずれ、間違った方向に向かっていたとしても、どこかで私が答えたり方向修正を指示してしまったりしていたので、部下たちは、なるほどと納得してすすめていました。
  ただ、その時はなるほどとなるのですが、心底響いていないので、違う場面で同じことがくり返されていたのです。 それを再び指摘する自分とのギャップも埋まっていないと感じていました。
  しかし、自分で動く根拠を自ら考えるようになった今では、指摘を受けた時に、その差にも自分で気づくようになっています。
  どんどん仕事を彼らに任せることができるようになりました。 自分の考えをそれぞれが持っているので異なる意見も飛び交うようになり、私が思いつかなかったアイディアが飛び出すことも。 活発なチームと言える状態に少しずつですが近づいていると思っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.07.04        

    なんとかして打開策をみつけなければ...

  • 2019.07.03        

    わからないことを自分の力で明らかにしていく...

  • 2019.07.02        

    自ら現場へ足を運ぶようになってきた...

  • 2019.07.01        

    どうしたら彼らがもっと力を発揮できるのか...

  • 2019.06.28        

    「一覧一望」を習慣づけるようにしている...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間