参加リポート/現場から

260日以上の無事故を続けている

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

米村剛弘  丸総 清水物流センター 所長  〔第503回/2017年5月会期参加〕  NO.1322

1322yonemuraHP.jpg  職場で私は、物流センターの統括とともに本社で営業戦略を企画する業務を兼任しています。 物流センターの仕事は、今後、後輩や部下に任せていかなければなりません。 彼らが精一杯の力を発揮し、自分たちで考えセンターを動かすようにさせなければいけない、自分の使命はそこにあることを、組革研で改めて気づかされました。
  正直、以前は何でも口出ししていました。 組革研後、それを止めるように意識しました。 また、毎日朝昼夕と3回行われていたミーティングのうち、夕方の終礼への出席も止めて彼らに任せました。
  部下からは冗談交じりに 「教えかたが雑」と言われたこともありましたが、自分たちに任されていると彼らはちゃんと受け止めてくれています。 以前より考えるようになったのはもちろんですが、仕事に対する責任感を感じさせる場面が増えています。
  それは新たな担当者向けに 「敷地内の危険個所マップ」を彼らだけで作りはじめたことにもよく現われています。 センター内で起こった過去のトラブルと従事している人たちを 「対象」として彼らが調べ、トラブル削減に向かっていく取組みです。 私自身には思いつかない発想でした。
  その他、彼らはこれまでのヒヤリハットを元にした事故の削減にも取り組んでいます。 この時も、すぐに対策を考えては良くないと言い出し、素直にヒヤリハットを出していこうと彼らはすすめました。
  その後、彼らは出された状況を共有し、対策を考えはじめました。 この現場はどれくらい危険なのかを数字で示して発表し合う場も作りました。 例年は年間8件くらいの事故が起こっていましたが、現時点で260日以上の無事故を続けています。 みんな自分事として取り組んでいます。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.07.04        

    なんとかして打開策をみつけなければ...

  • 2019.07.03        

    わからないことを自分の力で明らかにしていく...

  • 2019.07.02        

    自ら現場へ足を運ぶようになってきた...

  • 2019.07.01        

    どうしたら彼らがもっと力を発揮できるのか...

  • 2019.06.28        

    「一覧一望」を習慣づけるようにしている...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間