参加リポート/現場から

自分が説明しなければ、が行動に現われてきた

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

渋谷潤一  日本貨物鉄道 東北支社 営業統括課長  〔第508回/2017年11月会期参加〕  NO.1291

1292shibuyaHP2.jpg  何もわかっていないのに、わからないことを全て出せと言われました。 それが何に繋がるかは説明されません。 組革研は怒りから始まりました。
  それでも必死で取り組んでいくうちに気持ちが変わってきました。 思うようにできない辛さ、最後は業績を上げられなかった哀しさです。 しかし同時に、やりきった喜びも感じられました。
  たった5日でこんなに感情が揺れ動いたのはなぜなのか。 ふり返って、仕事に真剣に向き合ったからと思い至った時、気づきました。
  私の職場は一人ひとりの業務量に大きな差がありました。 新たな業務が起こるとそれができそうな特定の部下に割り振り、そうでなければ私自身で担当していたからです。 しかも部下が早く結果を出せるよう、自分の失敗談を語りながら、自分がより良いと思うすすめかたに誘導していました。
  組革研後、やりかたを指示しない、そしてやらないでは済まさせないと決意しました。 その対象は一部ではなく、全ての部下です。
  お客様から問合せがあると、これまでは部下から内容を聞いて私の判断を伝え、部下は言われた回答をそのままお客様に伝えていただけでした。 私は敢えてそれを止め、部下自身に対応させました。
  これまでほとんど仕事を割り振られなかった部下から、問合せの具体的な回答や対応のしかたを聞かれました。 しかし 「わからない」「どう思う?」と言って部下自身ですすめさせました。
  はっきり変わったのは、部下が勉強している場面を見かける頻度。 自分が説明しなければという思いが行動に現れてきたことです。 正直言って、私の経験と勘で伝えていた頃より、回答までの時間が大幅にかかってしまっているのですが、今は我慢、そのうち逆転し時間は短くできると信じています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.01.17        

    状況によって部下の状態が変わる...

  • 2020.01.16        

    まず自分で考える

  • 2020.01.15        

    事実から考えることで、自分が変わった...

  • 2020.01.14        

    「もっと良いもの」を求める

  • 2019.12.27        

    まだ部下に任せきれない

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間