参加リポート/現場から

自ら掴みとらなければ自身の血肉にはならない

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

堀 智博  マツダ 商品本部 主査  〔第508回/2017年11月会期参加〕  NO.1286

  複数の部門を取りまとめながら業務をすすめていますが、時にはメンバーが主体的でないと感じることもあります。 彼らの問いには解決策を考えて示してきました。 しかし全てへの目配りは無理、すると遅れや抜け漏れが生じてしまう。 それに焦っているのはいつも私だけ。もっと考えるよう求めても彼らがやらないうちにしびれを切らして指示を出す、このくり返しでした。
  組革研に参加して、メンバーが指示待ちになっている原因は私自身、彼らを道具力としてしか見ていなかったからだと痛感しました。
  組革研後、彼らのいまの状態と自分の接しかたを書き出してみました。 「からくり解明」を大事にしているのに、仕事の仕組みに目が向かない。 対応に行き詰ると上に解決策を求める。 自分都合で考え動いてしまう。 書き出してみて、自分の責任の重さを改めて痛感しました。
  ここからどうしたら脱け出せるか、どうすればメンバーの力が出るのかと考えた末、仕事の目的や達成目標、自分たちがどういう状態になりたいかを彼ら自身で話し合ってもらいました。 私は一切口を差し挟まず、自分たちの意見としてまとめてもらうことにしました。 数日くらいで終わるだろうという予想は外れ、一週間経っても結論が出ませんでした。
  その後も、事あるごとにどうあるべきかと問い続けています。 しかし 「どう対応するか」にいつの間にか視点が戻ってしまっているのが現状です。
  私の態度は、以前より厳しくなっていると思っていますが、一方で自律した行動に繋がっていないメンバーを見て、まだまだ迫り切れていないと痛感しています。
  自ら掴みとらなければ自身の血肉にはならない。 これを肝に銘じて、自分のやりかたにこだわることを捨て、嫌われることを怖れない覚悟を持って接していきたいと思います。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.07.04        

    なんとかして打開策をみつけなければ...

  • 2019.07.03        

    わからないことを自分の力で明らかにしていく...

  • 2019.07.02        

    自ら現場へ足を運ぶようになってきた...

  • 2019.07.01        

    どうしたら彼らがもっと力を発揮できるのか...

  • 2019.06.28        

    「一覧一望」を習慣づけるようにしている...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間