参加リポート/現場から

「誰のために」「何のために」をいつも考えさせる

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

田中寛和  浪速ポンプ製作所 管理本部 本部長  〔第489回/2015年9月会期参加〕  NO.1284

1284tanakaHP.jpg  それまで部門や各チームの方針、活動目標を私がつくり、部下に渡して取り組ませていたことが、部下のことを考えず全て自分のため、部下を操作しようとしていたのだと組革研でわかりました。
  そんな自分をこれからどう変えていけばと悩んだ末、部下の力が発揮できる環境をつくることが人事や管理部門を任されている私の最大のミッションだと確信し、さまざまなことを変えてきました。
  その一つは社長との面談。 これからすすんでいく方向を間違えないため、社長の思いを月1回、一対一で聞いています。
  同じように日常の職場ですすめていること、それは部下に対してです。 彼らが抱えている問題やどうすすめているかの状況を、これも月1回、一対一で向き合って聞くようにしています。
  これまで私一人でつくっていたチーム方針や活動目標を、部下たちがつくるようになってからもうすぐ1年になります。 彼らはいま、この1年間で自分たちができたこと、うまくいかなかったことを自分たちでふり返り、次の目標づくりに向かっています。
  それらの状況をお互いに知るための仕組みとして、共有シートや項目出しも彼らが作成して運用しています。 始めた頃は私が手助けしてしまうこともありましたが、今では全く口を挟むことはありません。
  人員の見直しも同時にすすめました。 それまで人事、経理と分かれていた部下の役割を兼任させ、4名を2名に減らしました。
  彼らが抱えている課題は多く、やってみるとうまくいかない時もあります。 それでも目先の結果を優先させずに、 「誰のために」「何のために」をいつも考えさせることが、彼らにとって最も大事なことだと思っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.07.04        

    なんとかして打開策をみつけなければ...

  • 2019.07.03        

    わからないことを自分の力で明らかにしていく...

  • 2019.07.02        

    自ら現場へ足を運ぶようになってきた...

  • 2019.07.01        

    どうしたら彼らがもっと力を発揮できるのか...

  • 2019.06.28        

    「一覧一望」を習慣づけるようにしている...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間