参加リポート/現場から

半人前の状況から抜け出しチームに貢献したい

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

丸山健司  ブリヂストン 免制震開発部 免制震開発第1ユニット  〔第490回/2015年10月会期参加〕  NO.1281

1281maruyamaHP.jpg  一昨年、異動した当初は真っ暗闇という印象でした。 何をしたらよいかわからず、聞く単語すらわからない。 上司や先輩の言葉から求められているものを探りながら、ようやく今、半人前のレベルかもしれません。
  新人ならばまだしも中堅社員でこの状況なので、自分の失敗や知識不足に泣きそうになった時もありました。 それでも 「レベルの差こそあれ失敗は自分なりに考えて行動した証拠」と前向きに捉えて仕事をすすめています。
  写真を撮る、絵に描く、図面にする。 これ以外にも組革研以降、自分が取り組んでいることはたくさんあります。 「検索魔」と呼ばれているほどしつこく調べるようにし、上司から先に指示されたら負けと思ってすすめています。 私の報告書を見て上司が何も言わずにハンコを押してくれた時には、 「やり切った!」という気持ちでいっぱいになります。
  ただ、何でも自分で考え調べても100%理解できるところまでは調べ切れていません。 また、小さなことでも時間がかかっているため、周囲からは効率の悪い奴と思われているかもしれません。
  がむしゃらに取り組んでいるつもりですが、悩みもあります。 考え尽くして何も浮かばない時はどうするか。 せめて考えるための手がかりが欲しいのですが、自分の意見も持たないのに質問はできないという葛藤があり、何も貢献できない無力感に押し潰されそうになることもあります。
  そんな中でも、些細なことでも「新たな発見」をしていると実感できている今は、とても仕事が充実していると感じます。登る山は非常に高いと感じていますが目標になる人は大勢います。 今の仕事がやりたくて入った会社なので、最後まで勤めきるつもりです。 半人前の状況から抜け出し、少しでもチームに貢献できるように、とことん考え勉強しています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.07.04        

    なんとかして打開策をみつけなければ...

  • 2019.07.03        

    わからないことを自分の力で明らかにしていく...

  • 2019.07.02        

    自ら現場へ足を運ぶようになってきた...

  • 2019.07.01        

    どうしたら彼らがもっと力を発揮できるのか...

  • 2019.06.28        

    「一覧一望」を習慣づけるようにしている...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間