参加リポート/現場から

「いや待てよ、まだ何かあるはず」

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

関 紀明  ジャパン マリンユナイテッド 基本設計部 主幹  〔第445回/2010年5月会期参加〕  NO.1268

  船舶の設計部署を受け持つ私の最も大きな悩みは、設計ミスが頻発することでした。 過去に失敗した例で言えば、途中の仕様変更に伴って図面の形状を変えたのに、寸法数字を直し忘れてしまったことがありました。 後工程でそのまま部材は作られ、現場で取り付けようとしてみたら寸足らずだった、という思い出したくない事例です。
  ミスは大きな損失です。 チェックリストを見直したり事例集を作ったりしましたが効果は上がらず、不具合が後から発覚することがその後も起きました。 なぜ無くならないのかと悩んでいた頃、組革研に参加しました。
  2日目、 「S-20」の仕組みを解明するため現場調査をくり返しました。 しかし何度も行って調べ、わかったこととして出した私の発見は、他のメンバーからことごとく×を打たれました。
  なぜ見当違いなことを発見だと思ってしまうのか、その理由は見落としが多いからでした。 ちょっと見ただけでわかったつもりになって、その先にすすんでしまうからです。 それが自分の体質だと気づいた時、職場での悩みに繋がりました。
  「いや待てよ、まだ何かあるはず」。 それ以降、この問いかけを職場でも自分自身にもくり返すようにしました。
  また、図面の誤りを無くすためにやっていた私の確認作業を、あえて止めました。間違いを見つけるのが私の役目で指摘された部分だけ修正するのが彼らの仕事、いつしかそうなってしまった流れは、彼らにとってけっして良くないと気づいたからです。 「本当に大丈夫か?」としつこく尋ね、自信を持って本人が言うかどうかを意識して見るようにしています。
  まだ何かあるはず、終えた後でこだわる思いを今後も大事にしていきます。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.11.27        

    自分がやっていては部下のためにならない...

  • 2020.11.24        

    他人事で済まない空気に…

  • 2020.11.20        

    あきらめに近いものを感じながら、でも……...

  • 2020.11.17        

    他人事にさせていた

  • 2020.11.13        

    それでも以前とは大違い

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間