参加リポート/現場から

役割が変わったことを実感させる発言が増えてきた

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

佐渡正崇  日本貨物鉄道 情報システム部 サブリーダー  〔第507回/2017年10月会期参加〕  NO.1232

  社内システムの保全を担当しています。 実作業は関連子会社が担当しており、私はそれをマネジメントする立場です。 日々の問合せや不具合対応、簡単なシステム改修が主な業務ですが、利用する人に迷惑がかからないよう失敗しないことを最優先して今まで取り組んでいました。
  そのためにはトラブルやシステム障害があった時にどう対応するか、それぞれの局面で仕様ややるべきことがはっきりしていなければ対策を実行する人が困ってしまいます。 私はそれらを細かく決め、彼らが悩まずに作業できるよう注意していました。
  それが彼らを道具にしていたことだったと組革研で気づきました。 彼らは私にとって最も身近な人たちです。 大事にしているつもりが、逆に人間扱いしていなかったとわかって衝撃を受けました。
  最近、システム管理以外の仕事量が増えてきたため、席を外す機会が多くなっています。 これを利用しようと思い、担当者に私がやっていた仕事を任せるようにしました。
  当初は打合せやレビューに参加して意見をもっと言ってほしいと頼まれました。 しかし出席せずに後から質問したり決まったことを聞いたりして、自分が口出しする機会を減らしています。 彼らの報告を聞くまで口を出さないというのはとても辛いことだと実感しています。
  担当者の中には自分の役割が大きく、重要なものに変わったことを実感させる発言が増えてきました。 今では私に頼らないですすめています。 とても嬉しく感じていますが、彼らに負けてはいられません。 組革研後は毎日、おまじないのように 「対象を明らかにする」と呟くようになりました。 これを続けるだけでも、以前より仕事の質が上がっているような気がしています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.10.20        

    「苦手」が「興味」に

  • 2020.10.16        

    お客様にとってどうかを「評価基準」に...

  • 2020.10.13        

    残業0でどうやるか

  • 2020.10.09        

    周りの人たちを巻き込んで

  • 2020.10.06        

    彼らには力があった

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間