参加リポート/現場から

期待と異なる一時的な結果に諦めない

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

上岡哲也  マツダE&T ボデー設計部 主任  〔第507回/2017年10月会期参加〕  NO.1229

1229ueokaHP.png  車のボデー設計を担当している私のチームは、いま新たなプロジェクトに取り組んでいます。 その過程で、 「棚卸」と呼ばれるこの設計全てに関わるデータや生産要素の適合チェックを完了させなければならない直前に、組革研に参加しました。
  進捗状況が思わしくなかった為、 「メンバーだけでやり切れるだろうか」とキャンパスに到着するまで心配していました。 組革研で配属されたチームは、職場のチームと年齢のばらつきも似ており、彼らの姿がダブりました。
  しかしそんな思いはすぐ頭から離れ、 「S-20」に没頭していきました。 ふり返ればあっという間でしたが、下期でゴールできた時にチームメンバーと分かち合った達成感は今も忘れられず、全員が夢中になって最後までやり切った5日間の体験に衝撃を受けました。
  職場に戻ると、メンバーだけで棚卸をやり切ってくれていました。 彼らの 「人間力」を感じ、それを今まで引き出してこなかった私の 「3逆リーダー」としてのダメさを痛感させられた場面でもありました。
  彼らの力をもっと引き出したいと思った私は、さっそく各人やチームで起こっている問題を書き出そうと彼らに提案しました。 彼らの本音をもっと知りたいと思ったからです。
  きっとみんなたくさん問題を出してくれる、そんな私の思惑は裏切られました。 書き出してくれた人数は半数以下、内容も 「もっと指示して」 「人を増やして」 「手伝い合えばもっと効率よくなる」等々でした。
  以前なら彼らの期待に添う対策をすぐに考えていたかもしれません。 しかし彼らにはもっと 「人間力」があると信じています。 期待と異なる一時的な結果に諦めることなく、彼らを全力投球させるために、もっと真剣に彼らと向き合っていかなければと思っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.12.11        

    自分を変える事で、その先が見えてくるはず...

  • 2019.12.10        

    自分は正しいと思い込んでいた...

  • 2019.12.09        

    私が部下の邪魔をしていた

  • 2019.12.06        

    前提が変わろうが、決めたことは必ずやる...

  • 2019.12.05        

    逃げ出したい、でも「とにかくやってみよう」...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間