参加リポート/現場から

自分の「ロボット症」と闘っていく

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

今城一敏  三井造船特機エンジニアリング 船舶設計部  〔第507回/2017年10月会期参加〕  NO.1226

1226imajouHP.jpg  上期「S-20」でゴールできなかった私は、 「S-20」の仕組みを明らかにするため、夜遅くまでかかって850件以上のわからないことを書き出し、現場調査を何度もくり返しました。
  仕組みが明らかになり自信を持って臨んだ下期。 無事ゴールできました。 それでも途中で何度か道に迷ってしまい、金券は競合相手に全て獲られてしまったのです。
  ゴールした瞬間の達成感、同時に感じた悔しさ。 どちらもこれまで感じたことがないと思えるくらい大きなものでした。
  この大きな感情の起伏がなぜ起こったのだろうとふり返った時、職場でこんなに真剣に取り組んで来なかったからだと思い至りました。
  職場で私はいつも上司の指示を待ち、指示された業務の結果を出せばよいと思っていました。 ミスを指摘されてもあれは凡ミスだったと言いわけして済ませ、忙しくなると自分がやらねばならない業務さえ失念してしまうことがあったのです。 まさに 「ロボット症」の典型でした。
  職場に戻り、まず自ら考え、それを自分から先に上司に相談して動いていくと決意しました。 今までそれは自分勝手な行為だと思っていましたが、 「ロボット症」から脱け出すには自分で考えること、指示されるまえに提案することと、キャンパスリーダーからも後押ししていただいたのです。
  このように取り組んでみると、以前より仕事が早く終わるようになりました。 指示を待っていた分短縮されたのだと思っています。 さらに自分の課題やそれに関する周囲の状況に興味がわき、調べるようにもなりました。
  まだ指示を待つことが無くなってはいません。 自ら考え動きはじめることをいつも意識し、自分の 「ロボット症」と闘っていきたいと思っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.05.29        

    「もっと」をどん欲に

  • 2020.05.26        

    自分を変えるため、自分の動きをどんどん変えていく...

  • 2020.05.22        

    見て見ぬふりをする自分に気づく...

  • 2020.05.19        

    同じにやっても結果は真逆

  • 2020.05.15        

    「個全システム」に初めての部下たちの姿を見る
    ――自分事として向き合う職...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間