参加リポート/現場から

業務でどんな結果を出せるのかが楽しみ

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

川添惇平  旭化成ファーマ 医薬生産センター 医薬生産管理部  〔第506回/2017年9月会期参加〕  NO.1215

1215kawazoeHP.jpg  職場で医薬品の商用生産検討に携わっている私は、供給責任を果たすため、これまでスケジュールどおりにすすめることを第一に考えていました。
  その際に最も優先したのは効率です。 今までの経験から得られた知識をもとに対策を考え、計画を立てる際は過去の経過を鑑みて、取り組む課題の項目そのものも期間内でできることを選んですすめていました。
  業務を滞らせず、上司にも提案が受け入れられている状況は、自分がうまくすすめられているからだと思っていました。
  そんな私が参加した組革研では先に対策を考えることは許されず、 「対象」を明らかにすることが求められつづけました。 その結果、下期 「S-20」で道に迷うことなく全ての金券を獲得してゴールできた瞬間、このすすめかたが成果に繋がったことを実感しました。
  しかしその翌日、 「過去病」という言葉とともに 「過去にやっていたことがどうして正しいと言えるのか」とうかがったのです。 思わず我が身をふり返り、これまでの自分が間違っていたことがわかりました。
  職場に戻った私は過去の自分から脱却しようと思い、どんな業務においても 「対象」を明らかにしてから取り組むと決意しました。
  始めてから業務の進捗は少し遅くなりました。 それでも以前より自信をもってすすめられています。 それまで見落としていたことにも気づけ、会議の場でも指摘ができるようになってきました。
  自分が変えたこのすすめかたで、今後の業務でどんな結果を出せるのかが楽しみです。 ただ、当初はどんな業務にもというつもりでしたが、結果が出るまでに時間がかかってしまうため、全てにこの 「対象を明らかにする」を貫いたほうがいいのか、いま悩んでいます。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2022.06.02        

    「道具力」の再構築に終わってしまわないか
     ――「新資本主義」に問う(1)...

  • 2022.05.31        

    組織革新研究会の7月会期での感染症対策...

  • 2021.12.02        

    『あなたの会社はなぜ「メンタル不調」者を量産してるの』発刊記念講演会が開催されま...

  • 2021.11.01        

    新著発刊のご案内

  • 2021.10.05        

    「人間変異」変革への企業の出番
       ――「自然変異」と「人間変異」・1②...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 対談 あなたの会社はなぜ『メンタル不調』者を量産してるの

    著者:藤田英夫・𠮷野 聡 発行:シンポジオン 発売:三省堂書店/創英社


  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間