参加リポート/現場から

現場に貢献できる途を探っていきたい

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

藤井 誠  アトラス情報サービス 管理本部 財務室 部長  〔第506回/2017年9月会期参加〕  NO.1206

  私はITサービスの会社で働いています。 製造業のように工場や設備などのハードがあるわけではなく、一人ひとりが知恵を絞って生み出すアイディアそのものが私たちの商品になります。
  組革研に参加して 「対象」という概念を初めて知りました。 これまでも職場で顧客満足という言葉をくり返し、部下にお客様目線を訴えてきたつもりでしたが、それがただの自分満足だったことに気づかされました。
  そして 「下から上は良く見えるが上から下は曇りガラス」と聞いた瞬間、職場で漠然と感じていたことと重なりました。
  組革研に参加するまえから、上層部から出された会社方針が、現場でそれを実行する社員にきちんと伝わっていないのではないかと思っていました。 間に幕というか隙間があるように感じられたのです。
  その理由が、実際にお客さまと対するメンバーを上司がちゃんと見ていないから、現場の状況を知らないからだと気づきました。 もちろん私もその一人です。 一方のメンバーも全体から俯瞰して自分たちの状態をわからないで動いているのです。
  職場で経理部門に携わっている私は、組革研後、部下の状況を知り、隙間を埋めるためにはどうすればよいかを考えました。 そして悩んだ末に、自社や他社の決算資料を分析比較することで、会社の数字について理解してもらい、状況に応じてどう動くべきかを一緒に考えていくことにしました。 自分たちで取り組むプロジェクトの損益を考える勉強会を開いています。
  以前も同じような取組みをしましたが、もっと生々しく伝えていきたいと思ったのです。 地道な活動で、あまり評価を受けられるものではありませんが、スタッフとして現場に貢献できる途を探っていきたいと思っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.06.02        

    後戻りはしません

  • 2020.05.29        

    「もっと」をどん欲に

  • 2020.05.26        

    自分を変えるため、自分の動きをどんどん変えていく...

  • 2020.05.22        

    見て見ぬふりをする自分に気づく...

  • 2020.05.19        

    同じにやっても結果は真逆

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間