参加リポート/現場から

最近、彼らが「対象」にグイグイ迫っていく

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

佐藤雅昭  マツダ パワートレイン企画部 主幹  〔第506回/2017年9月会期参加〕  NO.1204

  数か月まえ、今のチームに異動してメンバーも増えました。 仕事内容が変わったため慣れるのに大変でしたが、要領よくこなせば、それ程遅くまで仕事をせずとも帰宅できるとも考えていました。
  新たにメンバーになった人たちは頑張っています。 しかし詰めが甘いというか、あと一押しが足りないとも感じていました。 ときどき手戻りが生じることもあり、ありたい要求レベルに達しているとは言えませんが、とりあえず活動は前に進んでいます。充分だと思っていました。
  そんな私の甘い考えを、組革研でお聞きした 「あれは夢だったのかしら」という、かつてソニー厚木工場で働いていた女性の言葉が打ち砕きました。
  何年か前に別のチームを率いていた頃、当時のメンバーと高い目標に向かってがむしゃらに取り組んでいた記憶が甦りました。 「え、もう帰らないといけないの?」と気づくと終電ちかくになり、それでも帰らずにもっと続けたいと彼らも私も感じていたのです。
  もう一度夢を持たなければ。 そしてメンバーにも持たさなければ。 そのためにはそれなりの結果で許していた自分自身を改め、メンバーにもっと高いレベルを求めて、やらせ切らなければいけないと決意しました。
  私が変わると決意して、メンバーに 「対象」を探るようにくり返し伝え、中途半端なレベルを許さない態度を迫っていくと、次第に変化が顕れてきました。最近、彼らが 「対象」にグイグイ迫っていると感じるのです。
  また、 「やり切る」を意識しているせいか、手戻りも少なくなってきたように思えます。 一つひとつの仕事に区切りがついて次の課題にスパッと取り組みはじめている、そんな印象です。 少しずつ、仕事をやり切って意気揚々と帰っていく彼らの姿を見る機会が増えてきました。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.08.07        

    個の業績を「見える化」

  • 2020.08.04        

    嫌がられても……

  • 2020.07.31        

    一呼吸、ぐっとこらえて

  • 2020.07.28        

    いま言えば総て台無し

  • 2020.07.22        

    変わり切れていないのは私かもしれない...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間