参加リポート/現場から

再び口出しが増えてしまっていると感じている

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

西田健史  マツダE&T 第2PT実研部 主任  〔第500回/2016年11月会期参加〕  NO.1191

  私が受け持つチームの一つはディーゼルエンジンの性能開発に関わっています。 これまではテストを忠実に実行してデータをとることが主な業務でしたが、昨年開発領域も任せたいと委託元からうかがいました。
  開発はしんどいだろうけどやりがいがあるはず。 そう思っていました。 しかし半年以上経った今もメンバーの動きがぱっとしません。
  その頃組革研に参加した私は、 「部下を思いどおりに動かそうとする」という 「3逆リーダー」の話しを聞いてまさに自分のことだと思いました。 また、メンバーがやり易くなるよう細かく説明し指示していた自分の姿が、野鴨に餌を与えている老人と重なりました。
  今後は指示をなくすと決め、職場に戻りました。 さらに、毎朝開かれるミーティングのすすめかたを変えてみようと決意しました。
  これまでのミーティングは前日の業務結果をお互い報告し、テストで得られたデータを発表するだけで議論したことはほとんどありません。 このすすめかたを止め、前日のテスト結果についての考察をそれぞれが考え、全員に発表させました。 メンバー個々の知見には差があり考察内容にレベル差が出ますが、それぞれの考えを発表することを求めました。
  しばらくすると、尋ねられるまえにメンバーが発言するようになってきました。 横どうしでアドバイスし合う姿も見られるようになりました。
  しかし開発スキルは短期間では簡単には身に付きません。 頭ではわかっていてもスキルアップを実感できない苛立ちが、またみんなを大人しくさせはじめています。
  私自身も焦り、再び口出しが増えてしまっていると感じています。 この状況を乗り越えるにはどうしたらよいか、悩んでいます。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.07.10        

    やっと少し変わってきた
    ――今度こそやり抜く(後編)...

  • 2020.07.07        

    自分の弱さと職場で向き合う
    ――今度こそやり抜く(前編)...

  • 2020.07.04        

    満足して終わる日はなくなった...

  • 2020.06.30        

    トライ&エラーをくり返していく...

  • 2020.06.26        

    危機感の無さと闘っていく

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間