参加リポート/現場から

「わかっているつもり」を徹底的に取り払う

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

杉本 強  リコー 機能材料開発センター グループリーダー  〔第498回/2016年9月会期参加〕  NO.1187

1187sugimotoHP.png  こま図のMタイプの仕組みがどうなっているかが、組革研3日目になってようやくわかりました。 2つのグループで並行して 「対象」を調べ、ぶつかり合ってお互いの調査不足や思い込みを指摘してきた結果です。
  それを踏まえ、下期 「S-20」で使うこま図として、私は迷わずMタイプを選びました。 ところがはっきり説明できない仕組みが一つだけあったのです。 実行場面で出てきたら致命的です。 自分は見通しが甘いんじゃないかと不安になり、けっきょくMタイプを諦めました。
  後からその場面をふり返り、職場で同じように振る舞っていた自分自身を思い出しました。 わかっていないのに現象が起きた理由を決め付け、自ら試してもいないのに過去にダメだと言われたからとやらない言いわけをしていました。 それらは全て、私自身が少しでも 「対象」を意識せず、それにちかづく努力をしていなかったからだと気づきました。
  その頃私は、新たなインキ開発を課題として取り組んでいました。 職場に戻り、 「わかっているつもり」を徹底的に取り払うと決意しました。
  まず、現状で 「わかっていること、いないこと」を他のメンバーとともに書き出しました。 書き出した後は「つもり」の排除、それらを検証する方法を議論し、一つひとつ検証途上で起きたことを観察していきました。
  すると、事実だと思い込んでいたいくつかの事がらが単なる思い込みだったとわかりました。 それが新たな発想の拡がりにも繋がりました。 緻密に検証を重ねたからこそ初めて得られた高揚感です。 新たなことへのチャレンジも、 「対象」を明らかにすることから始まるのだとわかりました。
  開発テーマに長く携われば携わるほど思い込みが強くなります。 わかったつもりを取り払うことを、他のテーマにも拡げていきたいと思っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.11.27        

    自分がやっていては部下のためにならない...

  • 2020.11.24        

    他人事で済まない空気に…

  • 2020.11.20        

    あきらめに近いものを感じながら、でも……...

  • 2020.11.17        

    他人事にさせていた

  • 2020.11.13        

    それでも以前とは大違い

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間