参加リポート/現場から

甘えを捨てる

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

門谷雅行  日本貨物鉄道 関西支社 営業部 主席  〔第505回/2017年7月会期参加〕  NO.1183

  何でこんな回りくどいやりかたをさせるのか、どうしてあっさり教えてくれないのか。 組革研でそう感じていました。 一方で、目標を達成できない自分に苛立ち、 「対象」を捉えられない状態にもどかしさを感じました。
  そんな体験を経た上で4日目に聞いた話は衝撃的でした。 「指示待ち」「ロボット症」。 聞けば聞くほど自分に思い当たることの連続だったのです。
  これまでの私は、すぐ 「どうしましょうか」と上司に尋ねていました。 困っている人を見かけると 「こうやったほうがいい」と助言し、場合によっては自分でやってしまうことも少なくありませんでした。 それが効率的、親切なことだと思っていたのです。
  自分が間違えていた。 真逆の考えかたのほうが正しかった。 ショックでしたがようやくわかりました。 今まで自らの成長を放棄していただけでなく、同僚や後輩のそれも阻んでいたかと思うと後悔しか残りません。
  約10年まえに入社した私が最初に取り組んだ業務は、ダイヤに則って決められた内容を推進することでした。そうすれば列車は走ったのです。 いつの間にかその環境に馴れて現状に甘え、たとえ疑問に思うことがあっても、工夫すらしなくなっていた自分に気づきました。
  職場に戻った私は、すぐ 「どうしましょう」と相手に委ねていた聞きかたを止めました。 質問されてこうすればよいと思っても、 「どう思う」と聞き返すようにしました。 そして何より、自分自身の甘えを捨てたいと強く思うようになりました。
  私が何もしなくても列車は走ります。 でも自分がやらなければ、私のチームが動かなければ周りが動かない、そんな存在になりたいと強く思うようになりました。 甘えずに、全ての課題に向き合っていきます。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.07.10        

    やっと少し変わってきた
    ――今度こそやり抜く(後編)...

  • 2020.07.07        

    自分の弱さと職場で向き合う
    ――今度こそやり抜く(前編)...

  • 2020.07.04        

    満足して終わる日はなくなった...

  • 2020.06.30        

    トライ&エラーをくり返していく...

  • 2020.06.26        

    危機感の無さと闘っていく

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間