参加リポート/現場から

「今日から『どうしましょう』は禁止」と宣言した

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

桂川貴弥  マツダ NVH性能開発部 アシスタントマネージャー  〔第505回/2017年7月会期参加〕  NO.1169

1169katsuragawaHP.jpg  私から言い出さなければ部下はなかなか動かない。 対症療法ばかりしているからいつも手戻りが起こってしまう。 チームリーダーを任されるようになったばかりの私にはそのようにしか職場が見えず、いつも 「このままでいいのか」と悩んでいました。
  しかし組革研で、自分自身が対策病にかかっていることを思い知らされました。 そればかりか思い込みが強い私は、 「こま図」に書かれている事実をありのまま受け止められず、自分に都合よく見て仕組みだと主張していたのです。 「対象」を捉える重要さを痛感しました。
  さらに、 「上司の指示が部下をロボット症にさせてしまう」の話を聞き、衝撃が走りました。
  職場に戻った私は、さっそくメンバーを前にして自分の思いを伝え、 「今日から 『どうしましょう』は禁止」と宣言しました。 彼らは少し不満そうに見えましたが、指示を止める私の覚悟は変わりませんでした。
  また、手戻りが発生している問題の再発防止に取り組む際には 「対象」を話題にし、起こっている事実から一人ひとりが問題は何かを考え、持ち寄ったうえでミーティングを開きました。 そして、本質的な問題は何かをメンバーだけではなく、自分自身にもくり返し問いました。
  当初は私と距離を置いているように見えた部下が少しずつ変わってきました。 どうしましょうという言葉は少なくなり、自分はこうしたい、こう考えていると自らの提案をしてくるようになってきたのです。
  全ての場面がうまくいっているわけではありません。 少しずつ、でも確実に変わってきていると実感しています。 今後も指示しない覚悟を自分が持ちつづけ、事実を捉えてから考えていく職場にしていきたいと思っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.09.18        

    間違っていなかった

  • 2020.09.15        

    新人の頃のがむしゃらさを再び…...

  • 2020.09.11        

    どうにも手強い自分がいます
    ――部下を仕事の主人公に(後編)...

  • 2020.09.08        

    主体性を奪っていた
    ――部下を仕事の主人公に(前編)...

  • 2020.09.04        

    危険箇所を「絵」で書き出させると……...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間