参加リポート/現場から

当りまえをそのままにせず、一つひとつ検証している

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

長尾隆一朗  日本貨物鉄道 保全工事部 主席  〔第505回/2017年7月会期参加〕  NO.1165

1165nagaoHP.jpg  組革研で3日間取り組みつづけた 「S-20」。 徹底して 「対象」を調べ、その中から隠されている仕組みの発見に挑みました。
  個できちっと調べているかが発見を大きく左右し、さらに一人ひとりが頭を振り絞って考え、グループ、チームでそれぞれの考えをぶつけ合わせなければ、けっして結果に結びつかなかったのです。
  そして発見できた時に感じた達成感。 同時に、もっと発見したいという思い。 後からふり返り、これが 「人間力」なんだと実感しました。
  この体験後、職場での自分を改めて見つめてみると、今まで 「対象」を捉えないまま対策を練っていたことに気づかされました。
  私が所属している部署は業務内容が多岐に渡っている一方で人員が少なく、いつもやりくりしながら業務に取り組んでいます。 他から求められる業務がいつも最優先、しかも短期のアウトプットが不可避なため、真っ先に対策を立てることが当りまえになっていました。 私自身、その場しのぎの業務を続けているという自覚もありました。
  現在私は、昨秋に発足した 「業務創造推進プロジェクト」のワーキンググループのメンバーとして、既存業務を見直し、そこから生み出された時間を新たな価値を生む業務へシフトする活動に取り組んでいます。
  そのためには自部署の現状を精査しなければいけません。 職場に戻った私は、徹底して自分の業務における「対象は何か」を調べることにできるだけ時間を割いて取り組んでいます。
  また、当たり前に済ませてきたことをそのままにせず、なぜそうなっているかを一つひとつ検証しています。
新たな業務へシフトするため、目的や役割をきちっと捉えることが、必ず成果に繋がると信じています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.09.18        

    間違っていなかった

  • 2020.09.15        

    新人の頃のがむしゃらさを再び…...

  • 2020.09.11        

    どうにも手強い自分がいます
    ――部下を仕事の主人公に(後編)...

  • 2020.09.08        

    主体性を奪っていた
    ――部下を仕事の主人公に(前編)...

  • 2020.09.04        

    危険箇所を「絵」で書き出させると……...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間