参加リポート/現場から

黙っていられないよう3グループに分けた

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

三井正樹  日置電機 人事部 人材開発担当課長  〔第505回/2017年7月会期参加〕  NO.1161

1161mitsuiHP-e1503911212707.jpg  組革研は、すでに20名以上が参加している有名な研究会です。
  7月から人事課が部に昇格し、 「働き方改革」をすすめるプロジェクトが当社でも本格始動しはじめることになりました。 そしてその先陣として、教育部門から私が初めて参加することになりました。
  組革研は想像以上の体験でした。 気づかなかった自分の有り様が見事に現われてしまったのです。 自分を過信していたこと、人から嫌われない程度の議論で済ませようとしていたこと、また、自分で感じている以上に思い込みが強いと何度も思い知らされたこと。
  しかしそんなダメな部分に気づかされた反面、まだまだ自分は成長していけるという自信も得られました。 5日間を終えてしばらくは、組革研ロスかと思うほど、その衝撃がしばらく残り、動けませんでした。
  職場に戻って最初に行なったのは、人事部全体の会議を 「個全システム」に変更したことです。 これまでの会議をふり返ってみると、確かに、声の大きい人や仕切る人に引っ張られてしまっていたのです。
  この会議は、今後の人事部の方向性を決めていく重要な会議でした。 メンバーが黙っていられない状況にするため、大きい声の人、仕切る人、あまり意見を言わない人の3グループに分けて始めました。 すると、ほとんど全員が活発に発言するようになり、さまざまな彼らの考えが出されました。 とくに係長たちの奮闘は想像以上。 その日の彼らの興奮は、夜のオフサイトミーティングまで続いたようでした。
  会議で決まった方針に沿って、先日、実際の計画がスタートしました。 決めたことは必ずやり切らせる。 自分自身が楽なほうに流されない、メンバーも楽に流さないと肝に命じて、邁進していきます。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.10.30        

    「一緒にチャレンジしてくれませんか」...

  • 2020.10.27        

    「まだまだ減らせるぞ」

  • 2020.10.23        

    指示出し魔に戻っていた

  • 2020.10.20        

    「苦手」が「興味」に

  • 2020.10.16        

    お客様にとってどうかを「評価基準」に...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間