参加リポート/現場から

案をすぐ打ち消さずに、書き出してからふり返っている

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

勝本明浩  マツダ NVH性能開発部  〔第505回/2017年7月会期参加〕  NO.1159

  「問題に直面して初めて自分で悩み、動きはじめる」とうかがったこの言葉で目が醒めました。
  上司の指示だからしかたないと思って組革研に参加した私は、いやいや取り組んでいる自分を正当化していました。 しかし、それがただの逃げであったことに気づかされたのです。
  そして 「改革は今までの否定の上にある」というお話をうかがって、決意が固まりました。 職場で担当している技術開発は、今までにない新たなものを常に追い求めつづけるもの、つまり改革を実践していくことが私の使命なのだと強く思えたのです。
  今までの自分と向き合いました。 やりやすい課題、好きな仕事を選んで取り組んできたこと。 短期間で迫られる結果を出すために、場当たり的な対応をくり返してきたこと。 しかも心の中では万全ではないと思っていながら、少しは改善しているという状況を見て、とりあえずはしかたないと思って済ませていた場面が甦りました。
  職場に戻った私は、今後は短期間だからという言いわけをしないと決意しました。 そして 「対象」という言葉を思い浮かべながら、一つの考えが浮かんでももっと違う案はないかをいつも意識するようにしています。 さらに自分が思い込みに陥らないよう、思い浮かんだ案を自分ですぐに評価して打ち消さずに、まず書き出してふり返るようにしています。
  「『対象』に全力で向かい、やりきる」。 心では強く思ってはいますが、実際に続けるのは難しいと日々実感しています。 毎日のように 「本当にこれでいいのか」 「やりきったのか」と自問自答しています。 しかしこのくり返しが、いずれは必ず改革に繋がっていくと信じて取り組んでいます。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.09.18        

    間違っていなかった

  • 2020.09.15        

    新人の頃のがむしゃらさを再び…...

  • 2020.09.11        

    どうにも手強い自分がいます
    ――部下を仕事の主人公に(後編)...

  • 2020.09.08        

    主体性を奪っていた
    ――部下を仕事の主人公に(前編)...

  • 2020.09.04        

    危険箇所を「絵」で書き出させると……...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間