参加リポート/現場から

メンバーの力で問題解決していく職場を目指したい

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

鎌田倫行  横浜ステーシヨンビル 取締役 営業推進部 部長  〔第505回/2017年7月会期参加〕  NO.1152

1152kamataHP.jpg  組革研の翌日、5日間のメモを読み直しました。 さまざまな場面が甦り、気持ちが高揚していきます。 「手抜き」 「自分ばなれ」。 今までの仕事への取り組みかたを見つめ直すさまざまな発見がありました。
  しかし最も心に残っているもの、それは腹を括ったリーダーの存在でした。 現場から戻った私に労いの言葉をかけながら、調べた結果を聞いていたその目は、 「いい加減は許さない」と無言で私に迫り、 「リーダーは仕事と部下のためにある」という言葉を体現しているように感じました。
  同時に、職場での私には部下という 「対象」が欠けていたことがわかったのです。 「対象」は仕事しかありませんでした。
  職場で私の抱えている業務の一つに、テナントとの契約交渉があります。 空き区画をつくらないため、契約満了までに速やかに契約更新か退出かを明らかにし、次の契約先も決めなければいけません。 しかし10月末が契約満了なのに、まだ決まっていない区画がいくつもありました。
  職場に戻り、各テナントへの交渉方針を私が決定し、それに沿った商談や交渉のしかたを指示していたすすめかたを止めました。 そして、部下が担当するテナントがどんな状況かを調べさせ、各自が調べてきた結果を発表し、お互いの状況をメンバーどうしで明らかにすることにしました。
  次のステップである担当テナントへの商談内容や交渉のプランも彼ら自身で考えさせています。 彼らにやり切らせることだけを私は意識して、彼らの様子を見ています。
  もちろんこちらに都合よくすすむはずはありません。 しかし私がやりかたを一方的に指示するのではなく、右往左往しながらも部下たちが自らの力で問題解決していく職場を目指していきたいと思っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.09.25        

    やり切った体験が…

  • 2020.09.23        

    「あれどうなった?」

  • 2020.09.18        

    間違っていなかった

  • 2020.09.15        

    新人の頃のがむしゃらさを再び…...

  • 2020.09.11        

    どうにも手強い自分がいます
    ――部下を仕事の主人公に(後編)...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間