参加リポート/現場から

ポカミスを初めて自分事として捉え、各自で対策をつくった

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

森田 雅  日置電機 製造部 係長  〔第504回/2017年6月会期参加〕  NO.1145

1145moritaHP.jpg  職場では作業者のポカミスがいっこうに減りません。 いくつかの案を試みましたが、全て一時的に終わり、すぐまたミスが起こるのです。
  これについての対策はリーダーの私が考えて的確な指示が出される、この職場では誰もがそう考えています。 私も期待に応えたいのですが考えが浮かびません。 その問題に悩んでいた頃、組革研に参加しました。
  組革研では、私たちメンバーが自分で目標数値を決めて取り組みました。 しかし、やってみると目標をクリアするにはほど遠い、そう思った私は自ら目標数値を下げようと考えてしまいました。 その時、リーダーから 「全力でやったのか」と強く言われたのです。 自分に活を入れました。
  そして、その後は懸命に現場で調べてきた結果を、紙に書き出しました。 書いたものをもとにするため、議論に加わらざるを得ませんでした。
  職場に戻った私は、ポカミス問題に真正面から取り組もうと決意しました。 この問題に自分が全力で取り組んでいなかったことがわかり、メンバーにも全力を求めていなかったとわかったからです。 そして 「紙に書く」体験が私を後押ししてくれました。
  まず過去に起こったポカミスの事例を挙げ、作業者全員に自分はどんなことに気をつけて作業をしているかを書き出してもらいました。
  100枚を超える紙を 「一覧一望」しました。 内容のわからないものを尋ね、そのうえで議論を続けると、次第に各自が向き合わなければいけない状況が明らかになってきました。 ポカミスを初めて自分事として捉え、自ら対策をつくった瞬間です。 人から渡されたマニュアルではありません。
  しかし定めた目標を私も組革研で諦めそうになりました。 決めたことを必ずやり切るためには、私が達成を強く求めていかなければと思っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.09.18        

    間違っていなかった

  • 2020.09.15        

    新人の頃のがむしゃらさを再び…...

  • 2020.09.11        

    どうにも手強い自分がいます
    ――部下を仕事の主人公に(後編)...

  • 2020.09.08        

    主体性を奪っていた
    ――部下を仕事の主人公に(前編)...

  • 2020.09.04        

    危険箇所を「絵」で書き出させると……...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間