参加リポート/現場から

彼らが課題を達成するために自分は存在している

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

吉田顕士  アンリツエンジニアリング 経営推進部 課長代理  〔第482回/2014年10月会期「リーダー参加」〕  NO.1138

  職場で私は人事管理や教育を主に担当しています。 部下とともに社内教育を展開していく立場ですが、自分自身の課題をすすめている時もまだまだダメだなと思ってしまうことがありました。
  「これで大丈夫」と思って終えても、勝手な思い込みで結論づけたと上司から指摘され、まだ考え切れていないと言われてしまうことがあったのです。 組革研の体験を生かせていないことに悩み、何とかしてステップアップしたいと悩んでいました。
  そんな私に3年まえ、組革研に 「リーダー参加」する機会が与えられました。 私が受け持つチームは、弊社から参加した新入社員を含む入社2~3年めの若い人たちです。 彼らに思いっきりぶつかっていこうと意気込んで臨みました。
  しかし結果は散々でした。 経験したことのない 「S-20」という仕事。 その 「対象」を明らかにするという課題を達成するには、メンバー一人ひとりが精一杯自分の力を出し切り、頭を振り絞っていかなければいけません。 しかし私のチームメンバーの数人が一緒になって現場調査をしてしまったのです。
  キャンパスに戻った彼らに私は真正面から向き合えませんでした。 それを見たブロックリーダーからリーダー解任を言い渡されました。 その時はじめて、リーダーとしての自覚が足りなかったことに気づきました。
  職場に戻ってから、メンバーに正面から向き合うことを第一に考えようと決意しました。 問題状況を明らかにし、課題を彼ら自身の問題にさせ、自分たちの力で解決していく。 自分が迫るのは彼らのため。彼らが課題を達成するために自分は存在しているんだと、自分に言い聞かせています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.09.18        

    間違っていなかった

  • 2020.09.15        

    新人の頃のがむしゃらさを再び…...

  • 2020.09.11        

    どうにも手強い自分がいます
    ――部下を仕事の主人公に(後編)...

  • 2020.09.08        

    主体性を奪っていた
    ――部下を仕事の主人公に(前編)...

  • 2020.09.04        

    危険箇所を「絵」で書き出させると……...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間