参加リポート/現場から

絶対に「3逆」から脱出しなければ

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

平田 直  マツダ 操安性能開発部 主幹  〔第504回/2017年6月会期「リーダー参加」〕  NO.1131

1131hirataHP.jpg  組革研の5月会期、6月会期と続けて 「リーダー参加」しました。
  最初の 「リーダー参加」時はチームをうまく運営したいという思いから脱けられず、メンバーに指示し、そのたびにダメだと指摘されました。 終いには手のひらに 「X段取り」と自ら書いたほどでした。
 そのひと月後、再び 「リーダー参加」しました。 職場で 「3逆リーダー」の紙を何度も読み返し、今回こそここから脱け出すと強く決意しました。
  初日は、メンバーが掲げた目標件数を大きく超える結果に達し、うまくいっていると思っていました。 ところが2日目、調査をくり返してもなかなか発見に至らず、次第に彼らは元気がなくなってしまったのです。
  「全力投球させていない」とブロックリーダーから指摘されました。 内心ではそんなことはないと思いながら、メンバーに伝えたのは 「一生懸命にやってほしい」という言葉。 自分では彼らに訴えたつもりでしたが、後からふり返るとただの説教をしてしまったことに気づきました。
  今回も 「3逆」から脱けられないまま。 しかも 「対象」であるメンバーのためにと考えながら、自分の思いが先に立ち、描いたレールに乗せようとしてしまう自分の体質がわかりました。
  職場に戻りました。 私の留守の間、職場ではメンバーがしっかりすすめてくれていました。 計測器管理を担当しているメンバーは、より使いやすい方法を模索するため利用する部内の他のメンバーにアンケートを実施しており、部品庫の外注化計画をすすめているメンバーも、関連部門との調整を自ら発案してすでに始めていたのです。
  メンバーはもっと力がある。 彼らが教えてくれています。 上司として彼らの運命を握っている私は、絶対に「3逆」から脱出しなければなりません。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.11.27        

    自分がやっていては部下のためにならない...

  • 2020.11.24        

    他人事で済まない空気に…

  • 2020.11.20        

    あきらめに近いものを感じながら、でも……...

  • 2020.11.17        

    他人事にさせていた

  • 2020.11.13        

    それでも以前とは大違い

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間