参加リポート/現場から

手帳を開くたびに自分はどうかと問いかけている

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

松井吉実  日本貨物鉄道 戦略推進室 副室長  〔第501回/2017年2月会期参加〕  NO.1108

  鉄道事業の戦略企画や部署を横断する施策推進を、上司と私の二人で担当しています。 上司は他にも案件を抱えていたため、大きなことから小さなことまで私一人だけで黙々とすすめるというのが実態でした。
  2月に参加した組革研では、 「対象」の概念や 「仕事観」、そして 「やらないで済ます気」を許さないのがリーダーという、これまで私が考えていたものとは180度逆の見かた、考えかたを教えられました。
  とくに 「上司の期待を上回る成果を出すのが部下の役割」とお聞きした瞬間、一人で淡々と業務をこなし、孤立感に甘えていた自分に喝が入りました。 自分からどんどん動いていくと心に決めて職場に戻りました。
  職場に戻ると中期計画策定の真最中でした。 今までの私は、土壇場でどんでん返しになることを恐れ、いつも上司の意向を気にし、時によっては自分の考えを抑えてでもそれに沿うことのみ考えてすすめていました。
  しかし組革研後は、まず自分の考えを前面に出していこうと素直に思えたのです。 言葉は悪いですが、この部署を私が引っ張っていく、上司の鼻を明かしてやるくらいになろうと思いました。 私が考えた提案に上司も賛同してくれ、その後の仕事が格段にスピードアップしました。
  また中期計画策定の途中、収支状況が芳しくない拠点をどうするかという課題には、 「個全システム」の活用を思い立ち、関係者4人を集め、拠点についてわかっていること、いないことを書き出して一覧一望し、×打ちしながら徹底的に議論して改善案をまとめ上げました。
  さらに今後は他部署の仲間たちを巻き込み、より良い戦略企画を具体化していかなければなりません。 「対象」 「やらないで済ます気」と書いた紙を手帳に挟んで持ち歩き、開くたびにいまの自分はどうかと問いかけています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.09.18        

    間違っていなかった

  • 2020.09.15        

    新人の頃のがむしゃらさを再び…...

  • 2020.09.11        

    どうにも手強い自分がいます
    ――部下を仕事の主人公に(後編)...

  • 2020.09.08        

    主体性を奪っていた
    ――部下を仕事の主人公に(前編)...

  • 2020.09.04        

    危険箇所を「絵」で書き出させると……...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間