参加リポート/現場から

「自分ばなれ」できない自分はメンバーの邪魔をしているだけ

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

札場大久  マツダE&T ブランド推進統括部 部長補佐  〔第502回/2017年4月会期「リーダー参加」〕  NO.1101

1101hudabaHP.jpg
  5年まえの組革研「メンバー参加」の体験をすっかり忘れ、元の体質に戻っていたことを、今回の 「リーダー参加」で何度も痛感させられました。
  課題の目標値を個で書き出させずにメンバーどうし相談させてしまい、一律の低い件数を設定させてしまいました。 また、なかなか課題達成できずに食事にいかないメンバーの世話をやき、昼食の時間設定を私から言い出してしまったのです。
  職場をふり返っても 「こういうフォーマットにして」 「ここに具体的数字を入れて」と細かい指示ばかりしていました。 私自身も、 「これで早く資料ができるし、メンバーも悩まないですむ」と思っていました。 まさにただの自分満足。 「3逆」として指摘されたリーダー像そのままでした。
  「資料はできている?」と聞いた部下から 「どう資料を作っていいか聞いてないので、まだ取り掛かっていません」と言われた場面が甦りました。 彼は指示待ちだと呆れ、どうしたら自発的に変わってくれるのかと悩んでいた自分を思い出し、いまは恥ずかしくてたまりません。
  まずは自分が変わらなければ、と改めて気づかされた組革研でした。
  「指示しない、教えない、世話をやかない」 「何ごとも 『対象』であるメンバーの動きが先」。 職場に戻り、これだけは実践していくと決意しました。 メンバーに話すまえにこの言葉を思い浮かべるようにしています。
  しかし納期間際の課題だと知ると、メンバーの様子を見るまえに口を出してしまう癖からいまだに脱けられません。 相変わらず自分から言い出さなければ周りは動かないと考えてしまうのです。 「自分ばなれ」できていない今の自分はメンバーの邪魔をしているだけ。 もっと強く意識して自分を変えていかなければいけない、と痛感しています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.09.18        

    間違っていなかった

  • 2020.09.15        

    新人の頃のがむしゃらさを再び…...

  • 2020.09.11        

    どうにも手強い自分がいます
    ――部下を仕事の主人公に(後編)...

  • 2020.09.08        

    主体性を奪っていた
    ――部下を仕事の主人公に(前編)...

  • 2020.09.04        

    危険箇所を「絵」で書き出させると……...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間