参加リポート/現場から

ここで私が譲ってしまっては彼らのためにならない

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

栗栖 司  マツダE&T PT設計部 主幹  〔第492回/2016年1月会期参加〕  NO.1073

1073kurisuHP.jpg
  自動車の設計開発に携わってきた私は、部下が増えてくるにつれて仕事が回らなくなりました。 もしかしたら彼らに指示してきたのは間違っていたかもしれない、そのとき初めて疑問を持ちました。 それでも教えたほうが早いという思いは消えません。その頃、組革研に参加しました。
  組革研で 「対象がどうなっているか」に取り組む途中、職場の業務も全く同じだと気づきました。 エンジンがどのように動くか、その中で部品やシステムがどうあるべきかを明らかにしないと、より良い設計図面は描けないからです。しかも組革研では、個でその課題に向かっていきました。
  職場に戻ってから、車の仕組みを明らかにし、自分で考えて図面を描くことをくり返しメンバーに求めてきました。 検討が不十分だと思える図面はメンバーに突き返したこともありました。 彼らは悔しいようながっかりしたような何とも言えない表情を浮かべます。 いくつもの設計課題を抱えている彼らが、早く仕上げて次にすすみたいという気持ちもよくわかりますが、ここで私が譲ってしまっては彼らのためにならないと、彼らのほうに寄っていきそうになる自分を押し止めています。
  最近、彼らの工夫を重ねたと思える設計が少しずつ増えてきました。 それに伴い、その過程に込めた思いを強く主張するメンバーも現れてきました。 時には思いが強くなりすぎてぶつかり合ってしまう場面もあります。 私にとってはうれしい変化です。
  今では、手掛けた設計のふり返りや手戻りが生じた時の分析もメンバーに担当させています。 自分が設計するものに対する思いがこれまで以上に向上し、いつか走っている車を指さしながら、胸を張って 「あの車は俺たちが作ったんだ」と自慢げに言える職場を目指していきたいと思っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.09.18        

    間違っていなかった

  • 2020.09.15        

    新人の頃のがむしゃらさを再び…...

  • 2020.09.11        

    どうにも手強い自分がいます
    ――部下を仕事の主人公に(後編)...

  • 2020.09.08        

    主体性を奪っていた
    ――部下を仕事の主人公に(前編)...

  • 2020.09.04        

    危険箇所を「絵」で書き出させると……...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間