参加リポート/現場から

「これは誰が見るものなのか」を必ず尋ねている

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

後藤拓磨  アンリツエンジニアリング 計測ソリューション部 課長  〔第466回/2012年10月会期参加〕  NO.1061

  組革研で 「ロボット症」の話しを聞いてショックを受けました。 これまでは自分が思うような製品をつくりたい、それを早く実現するためには効率を上げなければと思い、私は部下に指示ばかり出していたのです。
  職場に戻った私は、課題を伝えた後はメンバーに全て任せました。 はじめは彼らも戸惑っていたようです。 その後もしばらくの間は、うまくいかないことがあると何度も相談されました。
  以前の私なら、相談された途端に浮かんだ考えをあたかも答えのように伝えていたかもしれません。 しかし意識できる限り、「自分で考えて」をくり返すようにしてきました。
  しかし中には指示をずっと待ちつづけ、納期直前にばたばたと動きはじめるメンバーもいました。 もちろん納期は守らねばなりませんが、時間ギリギリまで差し戻して考え直させました。 「これぐらいでいいや」で済ませるという雰囲気を、以前からこの職場で感じていたからです。
  また、「対象」をなかなか意識できないというのは、組革研で私自身が思い知らされました。 職場でも部下の報告書を見るたびに同じように感じてしまうようになりました。 「対象」という言葉は使っていませんが、 「これは誰が見るものなのか」を必ず尋ねるようにしています。
  彼らの作る資料がわかりやすくなり、お客様への提案数も増えてきています。 これは最近職場で、お客さまからお聞きした内容がより具体的に話されるようになってきたことと無関係ではないと思っています。
  部下の多くは他チームのリーダーとして異動し、メンバーが入れ替わりました。 新たなメンバーがこれからの私の 「対象」です。 彼らにどう向き合っていくか、これからも悩んでいきたいと思っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.10.27        

    「まだまだ減らせるぞ」

  • 2020.10.23        

    指示出し魔に戻っていた

  • 2020.10.20        

    「苦手」が「興味」に

  • 2020.10.16        

    お客様にとってどうかを「評価基準」に...

  • 2020.10.13        

    残業0でどうやるか

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間