参加リポート/現場から

部下たちに任せる

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

建部 淳  エーエスペイント 汎用技術部 課長  〔第498回/2016年9月会期参加〕  NO.1014

  組革研2日目、 「S-20」 の仕組みを明らかにすべく調べはじめました。 その結果を並べてみると、同じ場所でも人によって捉えかたが異なっています。 結局、最初の調査では何も発見できませんでした。
  ところがこのサイクルをくり返していくと、ばらばらだと思った調査結果が結びついていき、ある時、 「これだ!」 という発見につながったのです。みんなの異なる視点、捉えかたが重なり合った瞬間でした。
  4日目に、 「上司の言うとおりにやる人を良い部下と思っていませんか」 と聞いた瞬間、自分の間違いに気づきました。 それまで、部下の状態を見ないうちに、自分だけで良かれと考えて課題へのやりかたや納期を決め、それを守らせるにはどうしたらよいか、そればかり私は考えていたのです。
  自分が敷いたレールに部下を載せようなどと思わず、部下一人ひとりの考え、異なる捉えかたをもっと引き出さなければと決意しました。
  職場に戻ると、まず今まで私が課題に対する対処法を言い、その結果押し付けていたやりかたや納期を、はじめに個人やグループで考え、自分たちで決めてほしいと伝えました。 また月例報告なども自分の都合で勝手に予定を立てず、彼らの計画内容や進捗状況によってフレキシブルに開くものとし、期日の決定やテーマそのものも各グループどうしで相談し、決めるように変えました。
  部下との関わりかたを変えようと決意してから約3か月。 自分たちで決めた納期を守り、何事もまずは考えてみることを実践しつつあり、すすめている開発の状況をありのまま表されるようになってきています。
  「部下はやりたいと願っている」。 組革研で気づけたこの言葉を、絶対に忘れてはいけないと強く思っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2021.05.07        

    やっと部下は変わってくれたのか...

  • 2021.04.30        

    「わからないこと」リストアップの御利益(ごりやく)...

  • 2021.04.27        

    知らないことの”強味”が
    ――あなたたちがやるしかないんだ、と腹を括る。...

  • 2021.04.23        

    任せるという名の丸投げで失敗
    ――あなたたちがやるしかないんだ、と腹を括...

  • 2021.04.20        

    業務はできるけど、自分では動けないの?...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間