参加リポート/現場から

絵や図解を入れた報告書を作った

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

小林慶祐  横浜ゴム 新城工場 〔第495回/2016年5月会期参加〕  NO.892

892kobayashiHP
  組革研の上期 「S-20」 の途中、私は正しいルートから大きくはずれ、道に迷ってしまいました。 それは 「こま図」 に書かれていた絵に該当する場所を探し、似たものを発見した途端、「ここだ」と思って安易に曲がってしまったからでした。
  その後に 「対象」 という言葉を聞いて、迷ったのが 「対象」 をよく見ていなかったからだと気づきました。 初めて知った概念でしたが、職場でも同じような場面が何度もあったことを思い出しました。
  タイヤは多種多様な材料を素にし、複雑な工程を経て作られます。 そのため、機械も各材料や工程に合わせて数多く、工場の中にはとてもよく似た機械が並んでいます。 入社2年目の私にとっては、機械の姿形や構造、それぞれの動きかたの違いを把握することはとても難しいことでした。 「現地現物を大切に」 とは日頃から言われていましたが、どこに目をつけてよいかもわからないままだったのです。
  しかし、組革研で 「対象」 をきちんと見なかったために迷った私は、職場に戻ってから、できるだけ絵や図解を入れた報告書を作ろうと決心しました。 以前から上司に図や絵にすることを勧められていましたが、その大切さを改めて感じたのです。 自分でも説明しやすくなるなと、良くすることへの期待が高まりましたが、いざ構造や形状をわかりやすく書こうと思うと、より詳しく見なければ書けないことが、やってみてわかりました。
  先日、報告書を見た人から 「わかりやすい」 と褒められました。 しかし、そのまえに行われた研修会の発表では、 「まだ事実が捉えられていない」 とも言われたのです。 「対象」 を捉えていると言うには、まだ不十分だと自覚しています。 もっと意識して見ていかなければいけないと思っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.09.18        

    間違っていなかった

  • 2020.09.15        

    新人の頃のがむしゃらさを再び…...

  • 2020.09.11        

    どうにも手強い自分がいます
    ――部下を仕事の主人公に(後編)...

  • 2020.09.08        

    主体性を奪っていた
    ――部下を仕事の主人公に(前編)...

  • 2020.09.04        

    危険箇所を「絵」で書き出させると……...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間