参加リポート/現場から

20年来の不良撲滅を絶対にやり切る

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

柳川鎮男  内外ゴム 製造部 次長  〔第494回/2016年4月会期参加〕  NO.870

870yanagawaHP
  職場では、20年以上もまえから発生し、毎年問題になりながらも手つかずのまま未だに解決されていない不良がありました。
  それは当社で国内5割を占める製品に起こるのですが、気温が下がりはじめると不良が出はじめ、暖かくなるとなくなるのです。 毎年対策は打つのですが、真の原因がわかっていないため、効果が出ないうちに気温が上がって不良が収束していく、そのくり返しでした。
  ところが今年は暖かくなっても不良品が一向に減らず、3月はさらに増加して今期で最も悪い数字になってしまいました。
  そのような状況の中、組革研に参加しました。
  その初日、納期時間に目標数値の1/3にも届かなくても 「しかたない」 と思っていましたが、目標達成を強く迫られました。 その時、仕事はやり切らねばならない、自身の問題として捉えなければならないことを忘れ、いつの間にかいい加減になっていた自分の状態に気づき、愕然としました。
  そして職場で不良がくり返されても、言いわけして後回しにしていた自分が恥ずかしくなり、何がなんでもこの問題を解決すると決意しました。
  職場に戻って、すぐにこの工程に関わる製造や生産技術、設備の担当を集め、不良が起きた状況を調べ直すことにしました。
  不良は釜によって発生する量が異なっています。改めて釜の温度の違いや変化を調べ、ゴムの配合を変えたデータを比較しました。 さらに釜の中で焼き付けている途中で抜き出して調べるなど、週一回開かれるミーティングで互いにその数字を持ち寄ってすすめています。
  年内でこの不良を撲滅するという納期を設けました。 「不良がどのように起こっているか」 に向き合って、絶対にやり切ります。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.09.23        

    「あれどうなった?」

  • 2020.09.18        

    間違っていなかった

  • 2020.09.15        

    新人の頃のがむしゃらさを再び…...

  • 2020.09.11        

    どうにも手強い自分がいます
    ――部下を仕事の主人公に(後編)...

  • 2020.09.08        

    主体性を奪っていた
    ――部下を仕事の主人公に(前編)...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間