参加リポート/現場から

「 『対象』 を明らかにする」 ほうが近道だと実感できた

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

菅原隆宏  ブリヂストン 生産技術改革ユニット  〔第494回/2016年4月会期参加〕  NO.867

867sugawaraHP
  組革研では、 「 『対象』 を明らかにする」 方針に沿ってやっていたつもりでした。 しかし、実際には 「記号にこんな法則があるはずだ」 と勝手に決めつけ、その考えに合うデータばかり探そうとしていたのです。
  土砂降りの中、何度行ったり来たりして調べても何もわかりません。 「俺は一体何やってるんだ」。 あまりの成果の無さにぐったりして顔を上げると、遠くに緑色の灯りが見えました。 それが自分と同じく、調査している人の灯りと気づいた瞬間、 「負けられない」 と奮い立ち、辛いと感じながらも再び続けることができました。
  その思いがあって頑張れたからこそ、下期 「S-20」 に2番でゴールできたのかもしれません。 その翌日に 「苦楽一如」 「いいといやは紙の表裏」 とお聞きして、地道に現場でデータを取り続けた体験とゴールした時の達成感が頭をよぎり、すうっと心の中に染み込んできました。
  職場に戻ると、生産技術者を表彰する制度にどのようなものがあるかを調べるよう上司から言われました。 生産技術部門メンバーのモチベーションアップにつなげようとする狙いです。
  今までならウェブで調べて該当箇所をコピペすれば楽だと考え、すぐに対応して終わりでした。 しかし組革研を終え、小さなことからでも一歩を踏み出そうと考えていた私は、まず 「わからないこと」 を書き出し、それらを一つひとつ調べた上で資料を作成しました。 これまでは、上司から踏み込んだ質問をされると、答えられずに報告後に何度も調べ直していましたが、今回は、質問の全てにはっきりと答えることができました。
  今までより時間がかかってしまうのではと不安のまま始めましたが、 「 『対象』 を明らかにする」 ほうが近道だと、業務でも実感できました。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.11.27        

    自分がやっていては部下のためにならない...

  • 2020.11.24        

    他人事で済まない空気に…

  • 2020.11.20        

    あきらめに近いものを感じながら、でも……...

  • 2020.11.17        

    他人事にさせていた

  • 2020.11.13        

    それでも以前とは大違い

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間