参加リポート/現場から

そんなに簡単に解決できるわけがないと覚悟を決めた

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

木口秀幸  キリンビール 取手工場 パッケージング担当部長  〔第478回/2014年5月会期「リーダー参加」〕  NO.859

859kiguchi
  競争力強化のため、少人数体制オペレーションでの生産性アップが求められ、若いメンバーへの技能伝承が急務になっています。 それには定年後もこの職場で働く約20名の再雇用メンバーに、今までどおり3交替のフルタイムで働いてもらうことが不可欠でした。 しかし実際には、勤務時間短縮を希望するだけでなく、土、日以外の休暇を希望する人も増えていました。
  そこで私は課長と共に、彼らと面接をして説得することにしました。
  説明すればわかってくれるという予想に反し、拒否する人が続出しました。 「フルタイムだと手取りの年金が減る」 「60歳過ぎたから楽をしたい」 がその主な理由でした。
  自分たちの都合だけで考えていた自分が情けなくなりましたが、この課題解決は必ずやり遂げなければなりません。 その後も面接を重ねましたが、なかなか納得されない状況が続きました。
  私は部下を持つようになってから初めて胃が痛くなり、職場へ足が向かなくなりました。 しかしある時、組革研の 「仕事はその人に都合良くできていない。 やってみるとなかなかうまくいかない」 という言葉を思い出したのです。 そうだ、この問題がそんな簡単に解決できるわけがない。
  その覚悟ができた後は、改めて課長と二人三脚で面接をくり返しました。 そして職場の現状をありのまま伝え、今まで培ってきた知識や技術を後輩に伝えてほしい、その力を彼らに見せつけてほしいと再雇用メンバーに訴えつづけました。
  最後は 「部長がそこまで言うのなら頑張ります」 と約8割の方がたがフルタイム勤務を了承してくれました。 人の気持ちに向き合い、それを変えてもらうことは本当に辛く、大変なことだと実感しました。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.10.27        

    「まだまだ減らせるぞ」

  • 2020.10.23        

    指示出し魔に戻っていた

  • 2020.10.20        

    「苦手」が「興味」に

  • 2020.10.16        

    お客様にとってどうかを「評価基準」に...

  • 2020.10.13        

    残業0でどうやるか

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間