参加リポート/現場から

「決して指示しない」 気持ちを強く持ち続けなければ

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

麦田俊次  マツダE&T 総務・人事部 主任  〔第492回/2016年1月会期参加〕  NO.857

  昨年、社員教育を担当する私のもとに配属されたメンバーは、以前から彼自身が抱えていた別の業務も引きつづき担当することになりました。
  私は4月から始まる新入社員教育を彼の担当とし、企画立案、設備や講師などの手配を彼に任せましたが、これまで担当していた業務のほうに時間を取られて明らかにその進捗は遅れていました。
  任せたはずの業務の大半を私がカバーすることになり、内心、 「どうして予定どおりにすすめられないんだ」 と少し呆れ気味に思っていました。
  しかし組革研に参加し、餌を与えられ続けた野鴨がとうとう飛べなくなってしまった話をお聞きし、自分が代わりにすすめてしまったことが彼の邪魔をしていたのだと気づきました。
  さらに 「部下と仕事の責任を負うのがリーダー」 という言葉を聞き、上司の役割を自分が全く逆に捉えていたことを痛感しました。
  職場に戻ると、進捗の遅れが気になるものの、自分が代わりにすすめることはやめました。 彼にも 「もう手出しはしない」 と言い切りました。 そのまま数日が経ちましたが、しばらくすると、予定表と昨年度の準備リストを睨みながら黙々と取りかかる彼の姿を見たのです。 その時、彼の主体性を奪っていたのはやはり私自身だったのだと実感しました。
  その後も、私自身は彼の仕事振りをそわそわしながら見る日々が続きました。 しかし彼はわからないことがあると、他の人たちに相談を持ちかけながら、ついには遅れを取り戻して何とか新入社員教育を無事に終えることができたのです。
  今回の体験を通じて、メンバーのために、私自身が 「決して指示しない」 という気持ちを強く持ち続けなければいけないと思っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.10.23        

    指示出し魔に戻っていた

  • 2020.10.20        

    「苦手」が「興味」に

  • 2020.10.16        

    お客様にとってどうかを「評価基準」に...

  • 2020.10.13        

    残業0でどうやるか

  • 2020.10.09        

    周りの人たちを巻き込んで

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間