参加リポート/現場から

自分がやり切らせようとしていなかったと気づいた

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

藤井公博  マツダE&T 第1車両設計部 主任  〔第492回/2016年1月会期参加〕  NO.853

853fujiiHP
  組革研の下期 「S-20」 は、各チームとも調査を何度もくり返したうえで臨みます。 その下期のスタートまえ、一人で二人分の仕事を担当することになった私は、そんな厳しい条件の中で競合相手に勝てるわけないと、半ば諦めていました。 しかし最初のVIPで金券を獲得すると、ゴールするぞという思いに変わりました。 最後のVIPに着いた時には残り15分。 再び諦めかけましたが何とか思いとどまり、ゴールまで走り抜きました。 諦めたい、逃げ出したい自分の気持ちに勝った、これが自信になり、自分の考えが大きく変わりました。
 職場で私が担当する車体設計では、開発途中にさまざまな問題が起こります。 問題への対応をメンバーに依頼してもなかなか結果が出ないと、私が口を出し、しまいには私が引き継いで解決していました。
  しかし組革研でのあの体験で、メンバーができないのではなく、私がやり切らせようとしていなかったことに気がつきました。
  職場に戻った私は、任せた仕事は最後までやり抜かせると決めました。
  しばらくはメンバーの動きは変わりませんでしたが、次第に起こった問題の状況を調べはじめ、問題解決しようと動き出すメンバーが出てきました。 私からの質問へも、かつては自分がやったことだけが回答でしたが、現場の様子や調べた状況を先に伝えるようになってきました。 途中でまだわかっていないと気づくと、さらに自分から調べ直すこともあります。
  いっときは彼らの状況を見ることに徹していられた私でしたが、組革研体験がある上司から 「まだ口を出している」 と言われました。 決意したばかりでまたやっています。 しかも自分ではなかなか気づけません。 今後も何度か指摘されることを覚悟して、少しずつ減らしていきたいと思っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.07.14        

    自分と部下の人生を台無しにするところだった...

  • 2020.07.10        

    やっと少し変わってきた
    ――今度こそやり抜く(後編)...

  • 2020.07.07        

    自分の弱さと職場で向き合う
    ――今度こそやり抜く(前編)...

  • 2020.07.04        

    満足して終わる日はなくなった...

  • 2020.06.30        

    トライ&エラーをくり返していく...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間