参加リポート/現場から

何を質問してもすぐに答えが返ってくるようになった

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

辻井篤志  日本たばこ産業 広島第一支店 支店長  〔第424回/2008年3月会期参加〕  NO.851

851tsujii
  私が組革研に参加したのは8年まえ。 それまで 「対象」 を全く意識しないまま対策ばかり考えてすすめていたことに気づかされ、自己革新を決意した体験でした。
  あれから何度か部署が変わり、現在、職場で30人の部下を持ち、営業活動のマネジメントをする立場になっていますが、事あるごとに 「きちんと状況を見たか?」 と問い掛けられているのも、 「対象」 にとことん取り組んだ体験があったからだと思っています。
  異動した頃はこの職場でも、 「どうしたらいいですか?」 という部下からの問いが多かったのですが、 「あなたはどうしたいの?」 と必ず聞き返すようにしました。 当初は動きが見られなかった彼らでしたが、次第に自分たちで動きはじめるようになってきました。
  年度方針に対して前期を見直すよう伝えた際も、部下は自ら方針を貼り出して、それをもとに 「何を調べなければならないか」 「どんな分析が必要か」 から議論しはじめていました。 中途半端に出した分析結果のまま、対策ばかり議論していた以前の様子が嘘のようです。
  また、お客様の売場に弊社の製品の陳列を提案する際も、これまでは現場をよく見ないまま自分のプランを提案するばかりで、あまり受け入れられませんでした。 そんな彼らに、 「対象」 である売場がどうなっているかを口が酸っぱくなるほどくり返すうち、自らすすんで現場に行って調べるようになっていきました。 今では、現場について何を質問してもすぐに答えが返ってくるようになり、提案も多く受け入れられるようになりました。
  日頃から 「 『対象』 を調べて自分で解決する」 と偉そうに言っている私のほうが、ついつい先に自分の案を言ってしまいそうで困っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.05.29        

    「もっと」をどん欲に

  • 2020.05.26        

    自分を変えるため、自分の動きをどんどん変えていく...

  • 2020.05.22        

    見て見ぬふりをする自分に気づく...

  • 2020.05.19        

    同じにやっても結果は真逆

  • 2020.05.15        

    「個全システム」に初めての部下たちの姿を見る
    ――自分事として向き合う職...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間