参加リポート/現場から

任せることがいかにハラハラするものか実感した

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

後藤史学  マツダE&T 第1車両実研部 グループマネージャー  〔第493回/2016年2月会期参加〕  NO.849

849gotou
  組革研の上期 「S-20」 でチームは誰一人としてゴールできず、メンバーはみんな落ち込んでしまいました。 しかしその後、 「対象」 を明らかにしようと調査をくり返すうちに、全員が課題と正面から向き合っていることを実感しました。 チームで最も業績が悪くネガティブな発言しかしていなかったメンバーがいちばん積極的に議論しています。 「みんな変わったなぁ」 と思った途端、職場での自分を思い返し、 「はっ」 とさせられました。
  職場で商品開発を担当する私は、確かな性能にするため、これまで商品一つひとつに性能責任者を決めていました。 彼なら安心と思える部下を選び、そう思えない人に依頼したことはありません。 そのすすめかたが、部下の能力を勝手に決めつけた上に、そのほうが楽だという自分の都合を優先し、部下と仕事に向き合っていなかったことに気づきました。
  組革研参加まえ、新たな性能責任者を決めなければならない状況でした。 すでに候補と考えていた人はいましたが、彼は日頃から現状のままでいいと考えるタイプで面倒くさい業務を敬遠することが多く、そのことに不安を感じていた私は、彼に任せることを躊躇っていたのです。
  職場に戻り、思い切って彼に任せることにしました。 その役割を話し、すすめかたは自分で考えるよう伝えましたが、それでも心配になった私は彼の様子が気になり、ドキドキしながらどのように動くかを見ていました。
  すると、彼は自らいろいろな情報を集めはじめ、他部門の関係者と頻繁に打合せをするようになりました。 報告や相談も状況をわかりやすく伝えてきます。 予め私が感じていた不安は全くありませんでした。
  部下の力を決めつけていたことが間違っていると改めて教えられるとともに、任せることがいかにハラハラするものかを実感しました。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.07.10        

    やっと少し変わってきた
    ――今度こそやり抜く(後編)...

  • 2020.07.07        

    自分の弱さと職場で向き合う
    ――今度こそやり抜く(前編)...

  • 2020.07.04        

    満足して終わる日はなくなった...

  • 2020.06.30        

    トライ&エラーをくり返していく...

  • 2020.06.26        

    危機感の無さと闘っていく

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間