参加リポート/現場から

横どうしで次年度の実行計画を作った

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

斉藤徹哉  三菱重工業 品質保証総括部 品質マネジメント部長  〔第492回/2016年1月会期参加〕  NO.822

822saitoutetsuyaHP
  組革研では、 「対象」 を明らかにするため、事実を調べて仮説を立証しようと、寒風吹き荒れる中、かじかむ手に巻尺を持ちながら現場調査をくり返しました。 最終日にこの体験をふり返り、私たちは間違いなく全力投球したんだと、チーム全員が納得しました。
  その頃、職場では16年度の実行計画を策定していました。 前年度の計画の中には途中で頓挫したものや目標達成できなかったものもあります。 組革研後にもう一度昨年度の動きをふり返ると、 「対象」 を的確に捉えずにすすめていたことに気づきました。 また、困った状況が起こるとできない理由を並べ、全力投球しなかったのではないかとも反省しました。
  次年度のテーマの一つに 「各組織への統制」 があります。 当初は、この言葉が上から目線に感じられ、どう動けばよいか悩んでいました。 しかし組革研で質問すると、 「事実をよく見て、間違った軌道を直す」 という回答をうかがい、 「あっ!そうか」 といっぺんにモヤモヤが晴れたのです。
  職場に戻り、 「次年度の実行計画は横どうしの力で作る」 と決心しました。
  しばらくして、1泊2日の合宿を設け、その中でこの計画を作成することにしました。 まず、自分たちの 「対象」 は何かを話し合い、 「各部署の品質状況」 であると一致しました。 次に、それを明らかにするために自分たちがやらなければならないことを、各自が紙に書いて貼り出し、互いに×打ちしながら議論を深めていきました。 この中で 「統制」 というテーマについても話し合い、今回のように、お互いが状況を明らかにし、指摘し合うミーティングを重ねてすすめようということになりました。
  日ごろ感じている疑問や不満も本音でぶつけ合った結果、実行計画がついにでき上がりました。 この計画の実行が今から楽しみです。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.07.04        

    なんとかして打開策をみつけなければ...

  • 2019.07.03        

    わからないことを自分の力で明らかにしていく...

  • 2019.07.02        

    自ら現場へ足を運ぶようになってきた...

  • 2019.07.01        

    どうしたら彼らがもっと力を発揮できるのか...

  • 2019.06.28        

    「一覧一望」を習慣づけるようにしている...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間