参加リポート/現場から

愚痴をこぼしていた部下が「おもしろかった」と言っていた

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

川垣博之  エム・イー・エス特機 機器・継手製造部 設計技術課 課長  〔第493回/2016年2月会期参加〕  NO.815

815kwagaki2
  昨年、初めて部下を持つことになった私は、今まで自分がやってきて、わかったことを彼らに伝えようと思ってやってきました。 しかしある時、彼らが同じことを何度も相談にきていると気づきました。
  その頃組革研に参加し、私のやりかたが、まさに部下を 「ロボット症」 にすることだったと知り、変えなければと決意しました。
  職場に戻った私に、さっそく部下の一人が相談に来ました。 「客先から材料について相談され、明日の昼までに回答がほしいと言われました。 考えられる2種類の材料からどちらを選んだらよいですか?」 と聞いてきたのです。
  私はそれには回答せず、まず、それぞれの材料について〇時までに調べるよう彼女に伝えました。 私からこの材料にしろという答えがないうえに、短い納期を設定されたことで、戸惑った表情を浮かべましたが、時間がないと思ったのか、すぐに調べ出しました。
  調査結果を持って再び相談に来ました。 詳しく調べていますが、足りない点がいくつもあります。 私はそれらを伝え、もう一度調べ直させました。 席に戻った彼女が 「何でこんなことやらなきゃいけないの?」 と愚痴を言っていたと後から耳にしましたが、その後も不明な点を調べ直させ、自分で考えながらすすめるよう言い続けました。 そして翌日、どの材料をお客様に推奨するか、自分の調査から結論づけることができたのです。 前日とは打って変わって晴ればれした彼女の表情を見て驚きました。
  愚痴をこぼしていたはずの彼女は、 「おもしろかった」 と同僚たちに伝え、昨日からの様子を見ていた彼らも、自分たちも考えさせられたと言っているようです。 今まで部下はできないと決めつけ、 「答えばかり聞きにくる」 と思っていたのは、私が教えてばかりいたためだったと改めて気づきました。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.02.27        

    わからなければ部下に教わればいいんだ
    ――やり切らせるのがリーダーの仕事...

  • 2020.02.26        

    遅れを許さない

  • 2020.02.25        

    思わず過去の自分が出てきてしまう...

  • 2020.02.21        

    提案をしないまま自分から退くことはしない
    ――常に全力を出し切る自分であ...

  • 2020.02.20        

    本当の「3現」がわかった
    ――常に全力を出し切る自分でありたい(前編/全...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間