参加リポート/現場から

「現物を大事に」を宝として

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

九冨康博 三菱重工業・原子力安全・品質監査部・部長 〔第488回/2015年7月会期参加〕  NO.702

 年間計画を立てる際には、前年度の成果を参考にしながら作成することが通例です。ところが「今年度は改革をすすめる」という方針が新たに出され、私が担当する部門では、いったん作成していた実行計画の見直しが迫られました。今までどおりではすまされないという思いで議論を重ね、追加した項目の中にはかなりハードルが高いものも含まれています。決定したものの、なかなか具体的な検討作業にすすんでいかない担当者もいました。
 一方で4月に部長となった私には、いくつかの研修を受けることが課されていましたが、その中で、ダントツに印象的な研修と言われていたのが組革研でした。迷うことなく希望を出し、参加しました。
 組革研では「S-20」の仕組みを解明しようと、夜間も雨の中も現地調査に向かいました。その結果、「こま図」の仕組みを解明できたと思っていましたが、「道とは?」と聞かれて絵に書けません。まだまだ現場での調べかたが甘かったことを思い知りました。後日うかがった「現物を大事に。そうすれば答えは向こうからやってくる」という言葉が胸に刺さりました。
 職場に戻ると、進捗が遅れている関係者をすぐに集めて、起こっている問題を具体的に事実で表わすよう伝え、それをテーマとした会議を週2回開くことを決めました。そこでは問題をありありと捉えているか、他人事になっていないかということを重視してすすめています。
 また、不適合事象の未然防止もこの部門の課題の一つですが、8月から掲示板を作成して、これまで不適合とされたものの写真や図を貼り出しはじめました。まだ目に見える変化には至っていませんが、部下が気にしている様子が伝ってきています。「現物を大事に」、今後もこの言葉を宝として活動を継続してきたいと思っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2021.05.07        

    やっと部下は変わってくれたのか...

  • 2021.04.30        

    「わからないこと」リストアップの御利益(ごりやく)...

  • 2021.04.27        

    知らないことの”強味”が
    ――あなたたちがやるしかないんだ、と腹を括る。...

  • 2021.04.23        

    任せるという名の丸投げで失敗
    ――あなたたちがやるしかないんだ、と腹を括...

  • 2021.04.20        

    業務はできるけど、自分では動けないの?...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間